過去の気象データ

潮位表

お知らせ

平成22年版で終了しました。

最新版は、気象庁HPでご覧いただけます。

内容

全国の主要な港湾を中心に計184地点の検潮所の満潮と干潮の時刻及び潮位(予測値)、及び時間別の潮位を収録しています。

特記事項

html形式、PDF形式、テキスト形式にて収録。
 平成23年度以降の潮位表は、気象庁ホームページ:潮位表(http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/index.php)に掲載されます。

詳細説明

潮位表基準面

主太陰半日周潮、主太陽半日周潮、日月合成日周潮、主太陰日周潮の振幅の和だけ平均潮位から下方へとった基準面で地点ごとに異なります。

潮位観測基準面(DL)

検潮所で潮位を観測する基準面。潮位の観測値が負にならないよう十分深いところに検潮所ごとに定めます。

東京湾平均海面(TP)

陸地の標高(海抜)の基準面(0m)で東京霊岸島で1873年(明治6年)から1879年(同12年)までの間、観測した満潮・干潮の潮位の平均値によっており、現在TPは日本水準原点(東京都千代田区永田町)下24.4140mになっています。
 潮位を標高で表すには、この原点を基点として全国に配置された一等水準点から 測量によって球分体(検潮所の水準点)の標高がわかれば求められます。
 観測された潮位を他の検潮所と比較するには全国同一の基準面であるTP上の値にする必要があります。

収録期間

平成22年版:CD1枚に収録

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ