オンライン気象情報

気象衛星観測データ

はじめに

気象衛星観測データ配信サービスは、平成27(2015)年7月7日より運用を開始した静止気象衛星ひまわり8号及び平成29(2017)年3月中に待機運用となる静止気象衛星ひまわり9号による観測データを、当センターの気象衛星データ配信システムで分岐配信するものです。

データはFTP(put)方式で配信します。その詳細は、「通信形態」をご確認ください。

気象衛星関連データのうち、気象衛星画像データ(HRIT形式・JPEG形式)及び雲情報(高分解能雲情報・改良型雲量格子点情報・従来型雲量格子点情報)は、「ファイル形式データ」として配信しています。これらのデータについては、ファイル形式データのこちらのページをご覧ください。

配信データについて

データの種類、配信ファイル名、サイズ等は、気象衛星観測データ配信一覧表(PDF形式)でご確認ください。

ひまわり標準データ

フルディスク(全球),日本域,機動観測域
  詳細は こちら

NetCDFデータ

日本域,機動観測域
  詳細は こちら

カラー画像データ(PNG形式)

フルディスク(全球),日本域,機動観測域
  詳細は こちら

配信データの一覧・更新情報

  • 平成29年03月10日 更新:
     ひまわり9号の待機運用開始(3月10日9時)に伴いデータ配信一覧表を更新
  • 平成27年07月07日 掲載:
     7月7日から、ひまわり8号観測データを利用した「ひまわり標準データ/NetCDFデータ/カラー画像データ」の本配信を開始しました。

ひまわり8号・9号の観測バンド・解像度

ひまわり8号・9号の観測バンド・解像度の説明図
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ