オンライン気象情報

電文形式データ

はじめに

電文形式データ配信サービスは、気象庁アデスシステムから配信される各種気象等データを、当センターの気象情報配信システムで分岐配信を行うものです。

2005(平成17)年9月の東日本地方版電文形式データの廃止に合わせ、同年4月から新システムの運用を開始しました。これに伴い、配信手順が「JMAソケット」に変更となりました。また、電文をファイル化し、FTP方式にて提供することも可能となりました。

2020(令和2)年2月より、配信方法にSFTP方式が追加されました。

配信方法の詳細は、「通信形態」をご確認ください。

配信データについて

配信データは、下記の8種類のデータに分類して取り扱います。利用者はこれらの中から任意のデータを選択して利用できます。

各データの個別のデータについては、電文形式配信一覧表(PDF形式)でご確認ください。

  • 地震・火山・津波
  • 注意報・警報
  • 予報データ
  • 観測データ
  • 航空データ
  • 量的予報データ
  • ウィンドプロファイラデータ
  • 雷観測データ

※ データの内容は変更になる場合がありますので、詳細はお問い合わせ下さい。

配信データの一覧・更新情報

  • 2022(令和4)年4月28日 更新:
     海氷予想格子点資料(KMGEii (ii=01-20))の提供終了に伴い、配信一覧表から当該データを削除し、電文形式配信一覧表を更新しました。
  • 2022(令和4)年3月2日 更新:
     府県天気予報(VPFD50)、地方天気分布予報(KYAAii~KYEEii)の提供終了に伴い、配信一覧表から当該データを削除し、電文形式配信一覧表を更新しました。
  • 2022(令和4)年2月1日 更新:
     令和4年2月1日付 配信資料に関するお知らせ「プロダクトの配信終了時期について(令和4年1月24日付 配信資料に関するお知らせ 関連、配信料に関する技術情報 第446, 474, 516, 520, 530, 532号 関連)」による、台風の暴風域に入る確率(FXJPii(ii=61-72)の終了時期の変更について追記し、電文形式配信一覧表を更新しました。
  • これ以降は、こちら
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ