講習会

予報技術者のための講習会

予報技術者のための講習会は、気象予報士の資格を有している方又は大学で気象関係を履修等同等の方、気象に関する業務に従事している方を対等として、実践的な予報技術の習得を目的とする方を対象としています。

「実践予報技術講習会」9~11月

平成28 年度後期の講習会は9月から11 月までの3か月、月1回、最終水曜日の午後に開催します(11月は、16日に開催)。1回ごとにテーマの内容を完結するかたちでまとめます。

講習は気象庁HPで入手可能な天気図や解析図、気象衛星画像など基本的な資料を用いて行います。講習参加者による作業では、テーマに対応する事例について、各種天気図に描かれた等圧線や等高度線、渦度や鉛直流などの物理量の解析、解釈などを通して実況を理解し、予測資料から現象の今後の推移を考察します。

また、各月のテーマに関わる資料の見方、具体的な事例を取り上げて、天気図や解析図の検討、解釈を通じて現象の理解と予報作業に関わる理解を深めます。

講習の終わりには30 分程度の時間を使ってクイックルックを行います。講習日の前後に起こった現象あるいは起こりそうな現象を事例として取り上げ、各種の天気図や衛星画像、レーダーなどの資料を用いた解説を通じて、現象についてのより実践的な理解を深めます。

開催期日

開催期日は、下記のとおりです。

  • 9月28日(水) 13:30~16:30
  • 10月26日(水) 13:30~16:30
  • 11月16日(水) 13:30~16:30

講習内容・申し込み方法など

講習内容の詳細や申し込み方法などは、下記の「講習会のご案内」をご覧ください。

申込書

講習会の申込書は、下記をご利用ください。

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ