最近の成果

Nakagawa, Y., Y. Onoue, S. Kawahara, F. Araki, K. Koyamada, D. Matsuoka, Y. Ishikawa, M. Fujita, S. Sugimoto, Y. Okada, S. Kawazoe, Sh. Watanabe, M. Ishii, R. Mizuta, A. Murata, and H. Kawase, 2020: Development of a system for efficient content-based retrieval to analyze large volumes of climate data, PEPS, 7, 9, doi:10.1186/s40645-019-0315-9.

Takayabu, I., N. Ishizaki, T. Nakaegawa, H. Sasaki, and S. Ratjiranukool: Potential of representing the diurnal cycle of local-scale precipitation in Thailand using 5-km and 2-km grid regional climate models, Progress in Earth and Planetary Science (submitted).

山口宗彦, 「地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる」取材, 栃木県下野市 コミュニティFM FMゆうがお, 2020年3月13日

川瀬宏明, 「地球温暖化により極端化する北アルプスの降雪~雪が降る年と降らない年との差がより明瞭に~」, 共同プレスリリース, 2020年3月11日

山口宗彦, 「のろのろ台風」で被害拡大、温暖化で1割減速も, 日経xTECH, 2020年1月24日

Sugi, M., Y. Yamada, K. Yoshida, R. Mizuta, M. Nakano, C. Kodama, M. Satoh, 2019: Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds, SOLA (accepted).

Ito, R., H. Shiogama, T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2020: Uncertainties in climate change projections covered by the ISIMIP and CORDEX model subsets from CMIP5, Geosci. Model Dev., 13, 859–872, doi:10.5194/gmd-13-859-2020.

Kawase, H., Y. Imada, H. Tsuguti, T. Nakaegawa, N. Seino, A. Murata, and I. Takayabu, 2019: The Heavy Rain Event of July 2018 in Japan enhanced by historical warming, Bull. Amer. Meteorol. Soc., 101(1), S109-S114, doi:10.1175/BAMS-D-19-0173-1.

Kajino, M., S. Hayashida, T. T. Sekiyama, M. Deushi, K. Ito, and X. Liu, 2019: Detectability assessment of a satellite sensor for lower tropospheric ozone responses to its precursors emission changes in East Asian summer, Scientific Reports, 9, 19629, doi:10.1038/s41598-019-55759-7.

Sun, N., T. Zhou, X. Chen, H. Endo, A. Kitoh, and B. Wu, 2020: Amplified tropical Pacific rainfall variability related to background SST warming, Clim. Dyn., 54, 2387-2402, doi:10.1007/s00382-020-05119-3.

Meyssignac, B., T. Boyer, Z. Zhao, M. Z. Hakuba, F. W. Landerer, D. Stammer, A. Köhl, S. Kato, T. L'Ecuyer, M. Ablain, J. P. Abraham, A. Blazquez, A. Cazenave, J. A. Church, R. Cowley, L. Cheng, C. M. Domingues, D. Giglio, V. Gouretski, M. Ishii, G. C. Johnson, R. E. Killick, D. Legler, W. Llovel, J. Lyman, M. D. Palmer, S. Piotrowicz, S. G. Purkey, D. Roemmich, R. Roca, A. Savita, K. von Schuckmann, S. Speich, G. Stephens, G. Wang, S. E. Wijffels, and N. Zilberman, 2019: Measuring Global Ocean Heat Content to estimate the Earth Energy Imbalance, Front. Mar. Sci., 6, 432, doi:10.3389/fmars.2019.00432.

Takemi, T., and R. Ito, 2020: Benefits of High-Resolution Downscaling Experiments for Assessing Strong Wind Hazard at Local Scales in Complex Terrain: A Case Study of Typhoon Songda (2004), PEPS, 7, 4, doi:10.1186/s40645-019-0317-7.

山崎剛, 佐々井崇博, 川瀬宏明, 杉本志織, 大楽浩司, 伊東瑠衣, 佐々木秀孝, 藤田実季子, 2019: 5km力学的ダウンスケーリングデータセット(SI-CAT DDS5TK)の概要, シミュレーション学会誌, 38, 145-149.

Qian, Y., H. Murakami, M. Nakano, P. -C. Hsu, T. L. Delworth, S. B. Kapnick, V. Ramaswamy, T. Mochizuki, Y. Morioka, T. Doi, T. Kataoka, T. Nasuno, and K. Yoshida, 2019: On the mechanisms of the active 2018 tropical cyclone season in the North Pacific, Geophysical Research Letters, 46, 12293–12302, doi:10.1029/2019GL084566.

Smith, A. K., L. A. Holt, R. R. Garcia, J. A. Anstey, F. Serva, N. Butchart, S. Osprey, A. C. Bushell, Y. Kawatani, Y. -H. Kim, F. Lott, P. Braesicke, C. Cagnazzo, C. -C. Chen, H. -Y. Chun, L. Gray, T. Kerzenmacher, H. Naoe, J. Richter, S. Versick, V. Schenzinger, S. Watanabe, and K. Yoshida, 2019: The equatorial stratospheric semiannual oscillation and time-mean winds in QBOi models, Q. J. R. Meteorol. Soc., doi:10.1002/qj.3690. accepted.

Kawase, H., Y. Imada, H. Tsuguti, T. Nakaegawa, N. Seino, A. Murata, and I. Takayabu, 2019: The Heavy Rain Event of July 2018 in Japan enhanced by historical warming, BAMS, accepted.

Kawase, H., T. Yamazaki, S. Sugimoto, T. Sasai, R. Ito, T. Hamada, M. Kuribayashi, M. Fujita, A. Murata, M. Nosaka, and H. Sasaki, 2019: Changes in extremely heavy and light snow-cover winters due to global warming over high mountainous areas in central Japan, PEPS, accepted.

Jamaluddin, A. F., F. Tangang, J. X. Chung, L. Juneng, H. Sasaki, and I. Takayabu, 2018: Investigating the mechanisms of diurnal rainfall variability over Peninsular Malaysia using the non-hydrostatic regional climate model, Meteorology and Atmospheric Physics, 130, 6, 611–633, doi:10.1007/s00703-017-0541-x.

鬼頭昭雄, 消費者教室 「異常気象の未来に、何が待っているのか?」, 練馬区消費者教室, 2020年2月22日

Hatsuzuka, D., T. Sato, K. Yoshida, M. Ishii, and R. Mizuta, 2020: Regional projection of tropical-cyclone-induced extreme precipitation around Japan based on large ensemble simulations, SOLA, doi:10.2151/sola.2020-005.

Yamaguchi, M., J.C.L. Chan, I.-J. Moon, K. Yoshida, and R. Mizuta, 2020: Global Warming Changes Tropical Cyclone Translation Speed, Nature Communications, doi:10.1038/s41467-019-13902-y.

山口宗彦, 「温暖化で速度が落ちる予測 台風被害が深刻化の恐れ」, テレビ朝日系(ANN)ニュース, 2020年1月9日

山口宗彦, 「地球温暖化で台風の移動速度遅く 被害拡大のおそれ」, NHK NEWS WEB, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風の通過速度10%遅く」, 朝日新聞 夕刊, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度、今世紀末に10%遅く」, TBS系(JNN)ニュース, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風移動遅く 今世紀末 気象研解析, 暴風雨長く深刻被害も」, 茨城新聞クロスアイ, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度, 10%遅く 温暖化厳しい対策しないと・・・今世紀末 被害拡大の恐れ」, 日本経済新聞朝刊12版, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風ノロノロ 気象研など予測 今世紀末10%減速」, 読売新聞朝刊2面, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風遅くなる 被害拡大の恐れ 気象研」, 時事通信社, 2020年1月8日

                                                               

山口宗彦, 「台風, 温暖化で1割減速か 今世紀末に洪水増える恐れ 気象庁など研究」, 毎日新聞, 2020年1月8日

山口宗彦, 「地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる」, 共同プレスリリース, 2020年1月8日

Nakaegawa, T., R. Pinzon, J. Fabrega, J. A. Cuevas, H. A. De Lima, E. Cordoba, K. Nakayama, J. I. B. Lao, A. L. Melo, D. A. Gonzalez, and S. Kusunoki, 2019: Seasonal changes of the diurnal variation of precipitation in the upper Río Chagres basin, Panamá, PLOS ONE, doi:10.1371/journal.pone.0224662.

川瀬宏明, 2019: 地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題 -そろそろ、これからの雪の話をしよう!-, ベレ出版, 2019年12月25日

尾瀬智昭(気象庁・気象研究所, 気候環境研究部), 日本気象学会2019年気象集誌論文賞受賞, 件名「気象研究所全球大気モデルを用いた地球温暖化実験における夏季東アジア月平均降水量の将来変化の特徴」, 2019年12月21日

行本誠史(気象庁・気象研究所, 応用気象研究部), 日本気象学会2019年気象集誌論文賞受賞, 件名「気象研究所地球システムモデル ver.2.0:MRI-ESM2.0:モデルの記述と物理コンポーネントの基本的な評価」, 2019年12月21日

坪木和久, 「災害増で農業にも波及 台風の強大化」, 毎日新聞朝刊17面, 2019年12月11日

遠藤洋和, 地球温暖化によるアジアの降水変化 ~日本の梅雨はどうなる?~, 気象研究所 研究成果発表会, 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内), 東京都千代田区, 2019年12月7日

Varghese, S. J., S. Surendran, K. Rajendran, and A. Kitoh, 2019: Future projections of Indian Summer Monsoon under multiple RCPs using a high resolution global climate model multiforcing ensemble simulations, Clim. Dyn., pp1-14, doi:10.1007/s00382-019-05059-7.

鬼頭昭雄, 2019: 激発する極端気象, 世界, 岩波書店, 2019年12月号, No.927, 91-100.

遠藤洋和, 「世界,日本,茨城の気候変化と将来予測」, つくば市谷田部地区シルバークラブ連合会第2回シルバー教室, 市民ホールやたべ, 茨城県つくば市, 2019年11月26日

今田由紀子, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

川瀬宏明, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~ その2:地球温暖化で増える豪雨」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

坪木和久, 「台風のメカニズムとスーパー台風について」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

坪木和久, 「温暖化について」, NHK おはよう日本, 2019年11月5日

今田由紀子(気象庁・気象研究所, 気候環境研究部), 日本気象学会2019年度正野賞受賞, 件名「気候モデルを用いた短期気候変動予測研究および極端気象に対する温暖化寄与推定の研究」, 2019年10月29日

坪木和久, 「10月25日の記録的な豪雨について」, 読売新聞, 2019年10月28日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 読売新聞、2019年10月26日

坪木和久, 公開講座 「台風を知る ~その実態と防災~」, 中川生涯学習センター2019年度後期主催講座, 大型台風から学ぶ日頃の備え, 名古屋市, 2019年10月25日

Tsuboki Kazuhisa, Deadly typhoon forces Japan to face its vulnerability to increasingly powerful storms, Science, 2019/10/23

Yamaguchi, M., J. CL. Chan, II-Ju Moon, K. Yoshida, and R. Mizuta, 2019: Global warming changes tropical cyclone translation speed, Nature Communications, accepted.

Chen, C.-A., H.-H. Hsu, C.-C. Hong, P.-G. Chiu, C.-Y. Tu, S.-J. Lin, and A. Kitoh, 2019: Seasonal precipitation change in the western North Pacific and East Asia under global warming in two high-resolution AGCMs, Clim. Dyn., 53, 9-10, 5583-5605, doi:10.1007/s00382-019-04883-1.

Kanada, S., H. Aiki, K. Tsuboki, and I. Takayabu, 2019: Future Changes in Typhoon-related Precipitation in Eastern Hokkaido, SOLA, 15, 244-249, doi:10.2151/sola.2019-044.

高薮出, 徹底解説ニュースの焦点 「特定非常災害に・・・台風19号で甚大な被害 温暖化の影響どこまで」, BS朝日 日曜スクープ, 2019年10月20日

坪木和久, 「地球温暖化に伴う台風の変化と台風防災のための航空機観測」, 日本学術会議公開シンポジウム, 第8回防災学術連携シンポジウム, 名古屋市, 2019年10月19日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 西日本新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 北海道新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 福井新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 毎日新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 毎日新聞, 2019年10月13日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 日経新聞, 2019年10月13日

Tsuboki Kazuhisa, 'Explosive' Typhoon Hagibis has Tokyo area in its sights after rapidly gathering strength in Pacific, The Japan Times, 2019/10/11

Tsuboki Kazuhisa, Japan braces for Super Typhoon Hagibis, two Rugby World Cup games cancelled, South China Morning Post, 2019/10/10

坪木和久, 「台風19号について」, NHK ニュースシブ5時, 2019年10月10日

坪木和久, 「大型台風19号について」, The Japan times, 2019年10月10日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 日経新聞, 2019年10月10日

 

坪木和久, 「台風19号について」, テレビ朝日 報道ステーション, 2019年10月9日

坪木和久, 「台風19号について」, NHK ニュース7, 2019年10月8日

坪木和久, 「伊勢湾台風について」, CBC 伊勢湾台風スペシャル番組, 2019年9月26

坪木和久, 「台風の注意喚起」, NHK おはよう日本, 2019年9月24日

坪木和久, 「伊勢湾台風について」, 東海テレビ ニュースOne, 2019年9月23日

坪木和久, 「台風について」, NHK おはよう日本, 2019年9月15日

坪木和久, 「台風について」, NHK ニュース7, 2019年9月10日

坪木和久, 「豪雨災害について」, テレビ東京 池上彰の現代史を歩く, 2019年8月25日

Ose, T., 2019: Future changes in summertime East Asian monthly precipitation in CMIP5 and their dependence on present-day model climatology, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 1041-1053, doi:10.2151/jmsj.2019-055 .

Yukimoto, S., H. Kawai, T. Koshiro, N. Oshima, K. Yoshida, S. Urakawa, H. Tsujino, M. Deushi, T. Tanaka, M. Hosaka, S. Yabu, H. Yoshimura, E. Shindo, R. Mizuta, A. Obata, Y. Adachi, and M. Ishii, 2019: The Meteorological Research Institute Earth System Model version 2.0, MRI-ESM2.0: Description and basic evaluation of the physical component, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 931-965, doi:10.2151/jmsj.2019-051.

高薮出(気象庁・気象研究所研究総務官, 領域テーマC全体・課題代表), 日本気象協会2019年度 「岡田賞」受賞, 表彰理由「気候変動適応策の推進に向けた、詳細な気候変動予測情報の創出及び関係機関との連携構築に大きく寄与した功績」, 2019年9月27日

川瀬宏明(気象庁・気象研究所, 博士(理学)), 日本雪氷学会2019年度学会賞・平田賞受賞, 件名「日本及び周辺域おける降雪・積雪環境の高精度将来変化に関する研究」, 2019年9月9日

Watanabe, S. I., H. Tsujino, A. Murata, and M. Ishii, 2019: Impacts of Sea Surface Temperature Improved by a High-Resolution Ocean Model on Summer Precipitation in a Dynamical Downscaling over Japan, SOLA, 15, 183-188, doi:10.2151/sola.2019-033.

Watanabe, S. I., A. Murata, H. Sasaki, H. Kawase, and M. Nosaka, 2019: Future Projection of Tropical Cyclone Precipitation over Japan with a High-Resolution Regional Climate Model, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 805-820, doi:10.2151/jmsj.2019-045.

鬼頭昭雄, 特集/地球温暖化と台風 ~その関連性と災害リスクへの対応~ 地球温暖化で台風はどうなる?, 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム, 情報誌グローバルネット, 345号, 2019年8月号, 2019年8月16日

今田由紀子, 特集/豪雨・猛暑と温暖化 二〇一八年災害の分析と予測 温暖化がなければ2018年の猛暑はなかった, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「記録的猛暑~確かになる温暖化の影響」, NHK時論公論, 2019年8月20日(23:35~23:45)

Lamy, K., T. Portafaix, B. Josse, C. Brogniez, S. Godin-Beekmann, H. Bencherif, L. Revell, H. Akiyoshi, S. Bekki, M. I. Hegglin, P. Jöckel, O. Kirner, B. Liley, V. Marecal, O. Morgenstern, A. Stenke, G. Zeng, N. L. Abraham, A. T. Archibald, N. Butchart, M. P. Chipperfield, G. Di Genova, M. Deushi, S. S. Dhomse, R.-M. Hu, D. Kinnison, M. Kotkamp, R. McKenzie, M. Michou, F. M. O'Connor, L. D. Oman, G. Pitari, D. A. Plummer, J. A. Pyle, E. Rozanov, D. Saint-Martin, K. Sudo, T. Y. Tanaka, D. Visioni, and K. Yoshida, 2019: Clear-sky ultraviolet radiation modelling using output from the Chemistry Climate Model Initiative, Atmos. Chem. Phys., 19, 10087-10110, doi:10.5194/acp-19-10087-2019.

Kawai, H., S. Yukimoto, T. Koshiro, N. Oshima, T. Tanaka, H. Yoshimura, and R. Nagasawa, 2019: Significant Improvement of Cloud Representation in the Global Climate Model MRI-ESM2, Geosci. Model Dev., 12, 2875-2897, doi:10.5194/gmd-12-2875-2019.

Kusunoki, S., T. Nakaegawa, R. Pinzon, J. E. Sanchez-Galan, and J. R. Fabrega, 2019: Future precipitation changes over Panama projected with the atmospheric global model MRI-AGCM3.2, Climate Dynamics, pp1-16, doi:10.1007/s00382-019-04842-W.

川瀬宏明, 「相次ぐ豪雨崩れた常識「長時間」「広域」温暖化の影響も」 に「猛烈な雨の頻度1.6倍」が引用, 朝日新聞朝刊7面, 2019年7月8日

坪木和久, 記録的大雨について, NHK クローズアップ現代プラス, 2019年7月4日

坪木和久, 「特集/豪雨・猛暑と温暖化 2018年災害の分析と予測 2018年の西日本豪雨をもたらした広域の水蒸気輸送-2017年の豪雨と比較して」, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

今田由紀子, 「特集/豪雨・猛暑と温暖化 2018年災害の分析と予測 温暖化がなければ2018年の猛暑はなかった」, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

坪木和久, 温暖化型豪雨について(データ提供), NHK 特集番組, 2019年 6月30日

平田英隆, 栃本英伍, 柳瀬亘, 山崎哲, 渡邉俊一, 吉田聡, 北祐樹, 宇野史睦, 石山尊浩, 「第1回高・低気圧ワークショップの報告」, 天気, 66, 6, 421-425, 2019年6月30日

川瀬宏明, NHKスペシャル「誰があなたの命を守るのか “温暖化型豪雨”の衝撃」 データ解析手法のコメント, NHK, 2019年6月30日

川瀬宏明, 「温暖化進み雨量6%増」 西日本豪雨, 気象研解析, 共同通信, 2019年6月29日

Naoe, H., and K. Yoshida, 2019: Influence of quasi-biennial oscillation on the boreal winter extratropical stratosphere in QBOi experiments, Q.J.R. Meteorol. Soc., 145, 723, July Part B, 2755-2771, doi:10.1002/qj.3591.

鬼頭昭雄, 「地球温暖化による気象・気候リスク」, 南北米福地開発協会環境問題研究会セミナー, 大山街道ふるさと館, 川崎, 2019年6月15日

高薮出 他, 「力学的DS・アンサンブル予測の物理的意味」, 水災害・水資源分野における気候変動の影響と適応に関するシンポジウム~後悔しない適応とは~(領域D公開シンポジウム) パネルディスカッション, 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール, 2019年5月24日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 共同通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研などが予測」, デジタル日本経済新聞, 日本経済新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「パリ協定目標達成でも猛暑日1.8倍 気象庁」, デジタル毎日, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化目標達成でも猛暑増 気象研チーム発表」, 毎日新聞朝刊, 2019年5月23日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨夏の猛暑、温暖化なければ発生せず? 気象庁など分析」, 朝日新聞デジタル, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化がなければ昨夏の猛暑起きず」, 朝日新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 大分合同新聞, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, 名古屋テレビ 19:48, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, tv asahi, テレ朝 NEWS 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, KHB東日本放送 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨年の猛暑、温暖化が影響=シミュレーションで裏付け -気象研など」, 時事通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研予測、1度上昇の場合」, 沖縄タイムス, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と 猛暑発生の将来見通し」, プレスリリース, 2019年5月21日

Imada, Y., M. Watanabe, H. Kawase, H. Shiogama, M. Arai, 2019: The July 2018 high temperature event in Japan could not have happened without human-induced global warming, SOLA, 15A, 8-12, doi: 10.2151/sola.15A-002.

Kawase, H., Y. Imada, H. Sasaki, T. Nakaegawa, A. Murata, M. Nosaka, and I. Takayabu, 2019: Contribution of historical global warming to local-scale heavy precipitation in western Japan estimated by large ensemble high-resolution simulations, J. Geophys. Res., doi.org/10.1029/2018JD030155.

Mei, W., Y. Kamae, S. Xie, and K. Yoshida, 2019: Variability and predictability of North Atlantic hurricane frequency in a large ensemble of high-resolution atmospheric simulations, J. Climate, 32, 11, 3153–3167, doi.org/10.1175/JCLI-D-18-0554.1.

Kajino, M., M. Deushi, T. T. Sekiyama, N. Oshima, K. Yumimoto, T. Y. Tanaka, J. Ching, A. Hashimoto, T. Yamamoto, M. Ikegami, A. Kamada, M. Miyashita, Y. Inomata, S. Shima, A. Takami, A. Shimizu, S. Hatakeyama, Y. Sadanaga, H. Irie, K. Adachi, Y. Zaizen, Y. Igarashi, H. Ueda, T. Maki, and M. Mikami, 2019: NHM-Chem, the Japan Meteorological Agency’s regional meteorology ・chemistry model: model evaluations toward the consistent predictions of the chemical, physical, and optical properties of aerosols, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 337-374, doi:10.2151/jmsj.2019-020.

Surendran, S., S. Gadgil, K. Rajendran, S. J. Varghese, and A. Kitoh, 2019: Monsoon rainfall over India in June and link with Northwest tropical Pacific, Theor. Appl. Climatol., 135, 3-4, 1195-1213, doi:10.1007/s00704-018-2440-6.

川瀬宏明, 飯田肇, 青木一真, 島田亙, 野坂真也, 村田昭彦, 佐々木秀孝, 2019: 立山黒部アルペンルートにおける積雪観測と異なる水平解像度の非静力学地域気候モデル(NHRCM)を用いた積雪再現実験の比較, 地学雑誌, 128, 77-92. doi:10.5026/jgeography.128.77.

Ose, T., 2019: Characteristics of future changes in summertime East Asian monthly precipitation in MRI-AGCM global warming experiments, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 317-335, doi:10.2151/jmsj.2019-018.

Huang, W.-R., P.-H. Huang, Y.-H. Chang, C.-T. Cheng, H.-H. Hsu, C.-Y. Tu, and A. Kitoh, 2019: Dynamical downscaling simulation and future projection of extreme precipitation activities in Taiwan during the Mei-Yu season, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 481-499, doi:10.2151/jmsj.2019-028.

Murata, A., S. I. Watanabe, H. Sasaki, H. Kawase, and M. Nosaka, 2019: The development of a resolution-independent tropical cyclone detection scheme for high-resolution climate model simulations, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 519-531, doi:10.2151/jmsj.2019-035.

川瀬宏明, 2019: 地球温暖化が日本の雪に及ぼす影響, 農業および園芸, 94, 296-304

Kimura, N., H. Kiri, S. Kanada, I. Kitagawa, I. yoshinaga, and H. Aiki, 2019: Flood Simulations in Mid-Latitude Agricultural Land Using Regional Current and Future Extreme Weathers, Water, 11, 2421.

Kanada, S., K. Tsuboki, and I. Takayabu, 2020: Future Changes of Tropical Cyclones in the Midlatitudes in 4-km-mesh Downscaling Experiments from Large-Ensemble Simulations, SOLA (Accepted on February 20, 2020).

Kitoh, A., and H. Endo, 2019: Future changes in precipitation extremes associated with tropical cyclones projected by large-ensemble simulations, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 1, 141-152, doi:10.2151/jmsj.2019-007.

Rahman, M. M., N. Ferdousi, S. M. A. Abdullah, S. Kusunoki,and A. Islam, 2019: Recent climate simulation over SAARC region including Bangladesh using high resolution AGCM, Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences, 55, 115-134, doi: 10.1007/s13143-018-0077-0.

仲江川敏之,日比野研志,高薮出,2019: 気候アナログで実感する今世紀末の温暖化状況下におけるロシア主要7都市の気候, 土木学会論文集B1 (水工学), Vol.75, No.2, I_1045-I_1050.

Tinumbang, A.F.A., K. Yorozu, Y. Tachikawa, Y. Ichikawa, H. Sasaki, T. Nakaegawa, 2019: Analysis of runoff characteristics generated by land surface models and their impacts on river discharge, Journal of Japan Society of Civil Engineering, Ser. B1 (Hydraulic Engineering).

Morimoto, J., K. Nakagawa, K. T. Takano, M. Aiba, M. Oguro, Y. Furukawa, Y. Mishima, K. Ogawa, R. Ito, T. Takemi, F. Nakamura, C. J. Peterson, 2019: Comparison of vulnerability to catastrophic wind between Abies plantation forests and natural mixed forests in northern Japan, Forestry: An International Journal of Forest Research, cpy045, doi:10.1093/forestry/cpy045.

Tsuguti, H., N. Seino, H. Kawase, Y. Imada, T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2019: Meteorological overview and mesoscale characteristics of the Heavy Rain Event of July 2018 in Japan, Land Slide, 16, 2, 363–371, doi10.1007/s10346-018-1098-6.

Widlansky, M. J., H. Annamalai, S. B. Gingerich, C. D. Storlazzi, J. J. Marra, K. I. Hodges, B. Choy and A. Kitoh, 2019: Tropical cyclone projections: Changing climate threats for Pacific Island defense installations, Climate and Society, 11, 3-15, doi:10.1175/WCAS-D-17-0112.1.

石井正好, 「明治150年 歴史的観測データと気候再解析」, 統合的気候モデル高度化研究プログラム「平成30年度公開シンポジウム」, 2019年3月15日, 東京

川瀬宏明, 「温暖化と降雪量について解説」, 朝日新聞, 2019年3月2日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と気象リスク」, 電力広域的運営推進機関, 2019年2月18日, 東京

鬼頭昭雄, 「地球温暖化予測と海」, 日本マリンエンジニアリング学会 技術者継続教育先進コース講習会, 2019年1月31日, 東京

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と異常気象について」, 埼玉県私立学校総連合会 平成30年度「私学教育振興研修会」, 2019年1月28日, 浦和

川瀬宏明, 「検証列島災害 集中豪雨 北上の恐れ」, 毎日新聞朝刊29面, 2019年1月19日

川瀬宏明, 「検証・災害列島 温暖化で降水1割増予測 集中豪雨、北上の恐れ」, 毎日新聞デジタル毎日, 2019年1月19日

Kitoh, A., 2019: Climate Change Projection over Turkey with a High-Resolution Atmospheric General Circulation Model, In book: Climate Change Impacts on Basin Agro-ecosystems, pp.19-32.

Nakaegawa, T., R. Pinzon, J. Fabrega, J. A. Cuevas, H. A. De Lima, K. Nakayama, J. U. B. Lao, A. L. Melo, and D. A. Gonzalez, 2018: Seasonal changes of the diurnal variation of precipitation in the upper Río Chagres basin, Panama, PLOS ONE, accepted.

Arpornrat, T., S. Ratjiranukool, P. Ratjiranukool, and H. Sasaki, 2018: Evaluation of Southwest Monsoon Change over Thailand by High-resolution Regional Climate Model under High RCP Emission Scenario, Journal of Physics: Conference Series, Volume 1144, conference 1, doi:10.1088/1742-6596/1144/1/012112 .

原田守啓,丸谷靖幸,伊東瑠衣,石崎紀子,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:JRA-55再解析データのダウンスケーリング実験における地形モデル選択が洪水流出解析に及ぼす影響, 土木学会論文集B1(水工学), 74(5), 103-108.

丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:気候変動影響評価に向けた気候モデルおよび影響評価モデルの不確実性の評価,土木学会論文集B1(水工学), 74(5), 109-114.

丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:気候変動影響評価に向けた降雨分布の空間解像度が流出解析に与える影響に関する検討,土木学会論文集G(環境), 74(5), 147-156.

村田昭彦, 2018: 雲解像地域気候モデルの現状, 混相流, 32, 4, 424-431, doi:10.3811/jjmf.2018.T012.

今田由紀子, 川瀬宏明, 「今夏の暑さ 温暖化のせい」, 毎日新聞朝刊23面, 2018年12月29日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「日本の今年の猛暑、温暖化なければ起こる確率0%だった 気象研究所などが分析」, 毎日新聞デジタル毎日, 2018年12月28日

Fujita, M., R. Mizuta, M. Ishii, H. Endo, T. Sato, Y. Okada, S. Kawazoe, S. Sugimoto, K. Ishihara, and S. Watanabe, 2018: Precipitation changes in a climate with 2 K surface warming from large ensemble simulations using 60 km global and 20 km regional atmospheric models, Geophys. Res. Lett., 46, 1, 435-442, doi:10.1029/2018GL079885.

Yoshida, K., R. Mizuta, and O. Arakawa, 2018: Intermodel differences in upwelling in the tropical tropopause layer among CMIP5 models, J. Geophys. Res.: Atmospheres, 123, 13,658-13,675, doi:10.1029/2018JD029044.