最近の成果

鬼頭昭雄, 2021: 地球温暖化と海洋, 2021年度 技術者継続教育「先進コース」海洋環境規制の動向とその対応技術, 公益社団法人日本マリンエンジニアリング学会, Live配信及び録画オンデマンド配信, 2022年1月20日

鬼頭昭雄, 2021: 2021年ブループラネット賞受賞者 ヴィーラバドラン・ラマナサン教授へインタビュー, オンライン, 2021年12月

行本誠史, 2021: 地球温暖化研究と歩んだ気象研究所地球システムモデル開発40年, 令和3年度 気象研究所 研究成果発表会 地球をまるっとシミュレーション!これからの気候を探る, オンライン, 2021年12月12日

水田亮, 2021: 高解像度気候モデルによる地球温暖化予測, 令和3年度 気象研究所 研究成果発表会 地球をまるっとシミュレーション!これからの気候を探る, オンライン, 2021年12月12日

鬼頭昭雄, 2021: 基調講演「身近に迫る気候危機と防災」, 第3回SDGsエコフォーラムin埼玉~つながろう 広がろう 世代を超えて エコの環~, 大宮ソニックシティビル+オンライン, 2021年12月12日

高薮出, 稲津將, 野沢徹, 2021: 気候の物理的なモデル化と変動の定量化から地球温暖化を確実に予測-気候研究分野に史上初のノーベル物理学賞, 化学 Vol.76 No.12(2021), 2021年12月

Fukui, S., and A. Murata, 2021: Sensitivity to Horizontal Resolution of Regional Climate Model in Simulated Precipitation over Kyushu in Baiu Season. SOLA, 17, 207-212, doi:10.2151/sola.2021-036.

Pinzon, R. E., N. N. Ishizaki, H. Sasaki, and T. Nakaegawa, 2021: Panama's Current Climate Replicability in a Non-Hydrostatic Regional Climate Model Nested in an Atmospheric General Circulation Model. Atmosphere, 12, 1543, doi:10.3390/atmos12121543.

高薮出, 2021: 「1.5度」届かぬ見通し 各国対策全て実行でも , 読売新聞, 2021年11月16日

高薮出, 今田由紀子, 川瀬宏明, 2021: IPCC AR6 WG1における地域の記述と「日本の気候変動2020」, IPCCシンポジウム/気候講演会「気候変動を知る ~最新報告書が示すこれまでとこれから~」, オンライン開催, 2021年10月29日~2023年3月末(予定)講演動画配信, 2021年11月22日 座談会

高薮出, Regional climate information: Asia, COP26 side event: IPCCアジア域の気候情報に関するイベント, 2021年11月9日

川合秀明, 気候モデルで地球温暖化を予測する!, 科学技術館(東京都千代田区) 科学ライブショー ユニバース ノーベル物理学賞特番, 2021年11月6日

川瀬宏明, 気候変動に伴う積雪・降雪の将来予測, サイエンスアゴラ2021 温暖化時代の雪と私達の暮らし~雪氷研究の最前線から~, 2021年11月6日

橋本明弘, 庭野匡思, 降雪と積雪, サイエンスアゴラ2021 温暖化時代の雪と私達の暮らし~雪氷研究の最前線から~, 2021年11月6日

Tanji, S., M. Inatsu, and T. Okaze, 2021: Development of a snowdrift model with the lattice Boltzmann method. Progress in Earth and Planetary Science, 8, 57, doi:10.1186/s40645-021-00449-0.

今田由紀子, ノーベル賞・真鍋さんの警告から半世紀!数値化された温暖化の脅威, Bluebacks, 講談社, 2021年10月8日

Takayabu, I., R. Rasmussen, E. Nakakita, A. Prein, H. Kawase, S. Watanabe, S. A. Adachi, T. Takemi, K. Yamaguchi, Y. Osakada, and Y.-H. Wu, 2021: Convection-Permitting Models for Climate Research. BAMS, doi:10.1175/BAMS-D-21-0043.1 (accepted).

Abalos, M., N. Calvo, S. Benito-Barca, H. Garny, S. C. Hardiman, P. Lin, M. B. Andrews, N. Butchart, R. Garcia, C. Orbe, D. Saint-Martin, S. Watanabe, and K. Yoshida, 2021: The Brewer-Dobson circulation in CMIP6. Atmospheric Chemistry and Physics, 21, 13571-13591, doi:10.5194/acp-21-13571-2021.

高薮出, 予測情報の地域への適用に向けて. 統合的気候モデル高度化研究プログラム 公開シンポジウム 気候は今 どうなっている?どうなっていく?~IPCC最新報告書を読み解く~, オンライン開催, 2021年8月31日

今田由紀子, 災害激化招く気候危機. しんぶん赤旗, 2021年8月29日

川瀬宏明, 極端豪雨はなぜ毎年のように発生するのか ~気象のしくみを理解し、地球温暖化との関係をさぐる~. 化学同人, 2021年8月17日

高薮出, 影響は数千年、人類へ「厳戒警報」IPCC報告を読む 記事にコメント掲載. 朝日新聞デジタル, 2021年8月15日

高薮出, 「人間が生んだ危機」断定 気候影響 数千年続くと予測 記事にコメント掲載. 朝日新聞, 2021年8月10日

Yoshida, K., and R. Mizuta, 2021: Do sudden stratospheric warmings boost convective activity in the tropics?. Geophysical Research Letters, 48, doi:10.1029/2021GL093688.

Yamada, J. T., T. Hoshino, and A. Suzuki, 2021: Using a massive high-resolution ensemble climate data set to examine dynamic and thermodynamic aspects of heavy precipitation change. Atmospheric science letters, doi:10.1002/asl.1065.

今田由紀子, 気候変動と激化する災害. NHK 時論公論, 2021年7月29日

大島長, コロナ禍による人為起源物質の排出量の減少が気候に及ぼす影響. ArCS IIニュースレター, 2, p03, 2021年7月20日

Kawai, H., T. Koshiro, and S. Yukimoto, 2021: Relationship between shortwave radiation bias over the Southern Ocean and the double-intertropical convergence zone problem in MRI-ESM2. Atmospheric Science Letters, e1064, doi:10.1002/asl.1064.

Pinzon, R. E., T. Nakaegawa, K. Hibino, and I. Takayabu, 2021: A climate analogue approach to understanding the future climates of six western South American capital cities. Atmosfera, 34(3), 255-266, doi:10.20937/ATM52794.

Mori, T., Y. Kondo, S. Ohata, K. Goto-Azuma, K. Fukuda, Y. Ogawa-Tsukagawa, N. Moteki, A. Yoshida, M. Koike, P. R. Sinha, N. Oshima, H. Matsui, Y. Tobo, M. Yabuki and W. Aas, 2021: Seasonal variation of wet deposition of black carbon at Ny-Ålesund, Svalbard. Journal of Geophysical Research Atmospheres, 126, e2020JD034110, doi:10.1029/2020JD034110.

近年の日本の豪雨は地球温暖化のせい?, 気象業務はいま 2021, 43, 気象庁, 2021年6月

地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる, 気象業務はいま 2021, 42, 気象庁, 2021年6月

山口宗彦, 過去40年で台風は大幅に遅くなっていた 災害増加懸念も 気象研, NEWSつくば, 2021年5月24日

鬼頭昭雄(気象業務支援センター), 日本気象学会2021年度藤原賞受賞, 件名「数値モデルを用いた気候変動研究への貢献」, 2021年5月21日

石井正好(気象庁・気象研究所, 全球大気海洋研究部 第一研究室長), 森 信人(京都大学防災研究所), 日本気象学会2021年度岸保・立平賞受賞, 件名「地球温暖化対策に質するアンサンブル気候予測データベースの開発と気候変動リスク評価研究成果の社会実装」, 2021年5月21日

山口宗彦, 秋台風、ノロノロに 40年で東京は35%遅く 気象庁「温暖化など影響」, 日本経済新聞, 2021年5月19日

山口宗彦, 秋台風、40年でノロノロに 東京は35%遅く, 日本経済新聞オンライン, 2021年5月18日

山口宗彦, 9月の台風近年遅く 気象研解析 温暖化影響で, 読売新聞 夕刊, 2021年5月18日

山口宗彦, のろのろ「秋台風」...近年、速度が遅くなった原因は「弱まった偏西風」, 読売新聞オンライン, 2021年5月18日

山口宗彦, 9月台風、移動遅い傾向 温暖化で被害拡大の恐れ-気象研, 時事通信, 2021年5月18日

Hatsuzuka, D., T. Sato, and Y. Higuchi, 2021: Sharp rises in large-scale, long-duration precipitation extremes with higher temperatures over Japan. npj Climate and Atmospheric Science, 4, 29, doi:10.1038/s41612-021-00184-9.

大島長, コロナ禍によるCO2等排出量の減少が地球温暖化に与える影響は限定的, 共同プレスリリース, 国立研究開発法人海洋研究開発機構, 気象庁気象研究所, 2021年5月7日

高谷祐平, アジアモンスーン予測 1年先まで詳しく, 朝日新聞 朝刊, 2021年5月4日

Kawamiya, M., M. Ishii, N. Mori, E. Nakakita, I. Takayabu, and M. Watanabe, 2021: Preface for "Projection and impact assessment of global change". Progress in Earth and Planetary Science, 8, 30, doi:10.1186/s40645-021-00422-x.

Jones, C. D., J. E. Hickman, S. T. Rumbold, J. Walton, R. D. Lamboll, R. B. Skeie, S. Fiedler, P. M. Forster, J. Rogelj, M. Abe, M. Botzet, K. Calvin, C. Cassou, J. N. S. Cole, P. Davini, M. Deushi, M. Dix, J. C. Fyfe, N. P. Gillett, T. Ilyina, and et al., 2021: The Climate Response to Emissions Reductions due to COVID-19: Initial Results from CovidMIP. Geophysical Research Letters, 48, 8, doi:10.1029/2020GL091883.

高薮出, 「再エネ大国 日本」への挑戦 山口豊 著 第7章 再エネ大国へ、識者からの提言[提言3]日本を襲う温暖化の実態 に「BS朝日 日曜スクープ(2019年10月20日放送)」が引用, 2021年4月25日(初版第2刷発行)

川瀬宏明, シリーズ“2030 未来への分岐点” 「暴走する温暖化地球の危機」, BS1スペシャル, 2021年4月18日 午後7:00~7:50, 8:00~8:49

高谷祐平, Meteorologists can predict strength of Asian monsoon a year in advance, NewScientist, 2021年4月16日

高谷祐平, 「アジアモンスーン」1年先の予測可能に 気象庁など, 朝日新聞デジタル, 2021年4月9日

高谷祐平, 気象研と東大、1年先の「季節風」予測 大気・海洋変動を解析, 日刊工業新聞, 2021年4月8日

高谷祐平, 「1年先の夏季アジアモンスーンの予測に成功」, 共同プレスリリース, 気象庁気象研究所, 東京大学先端科学技術研究センター, 東京大学大気海洋研究所, (一財)気象業務支援センター,2021年4月7日

高谷祐平, 気象研究所と東大、最新の季節予測モデルを用い1年先の夏季アジアモンスーンの予測に成功, 日本経済新聞, 2021年4月7日

高谷祐平, 1年先の季節風を予測 最新数値モデルで―気象庁・東大, 時事通信, 2021年4月7日

高谷祐平, 1年先の季節風を予測 最新数値モデルで 気象庁・東大, YAHOO!ニュース, 2021年4月7日

Takaya, Y., Y. Kosaka, M. Watanabe, and S. Maeda, 2021: Skilful predictions of the Asian summer monsoon one year ahead. Nature Communications, 12, 2094, doi:10.1038/s41467-021-22299-6.

川瀬宏明, 球磨川のほとり、何度も水に襲われた我が家 気候変動が命を奪う現実、もう起きている, The Asahi Shimbun GLOBE+, 2021年4月5日

Nosaka, M., H. Kawase, A. Murata, and H. Sasaki, 2021: Future Changes in Early Spring Wind Speed and Surface Warming Acceleration in Snow-Covered Areas. JGR Atmospheres, 126, 7, e2020JD034089, doi:10.1029/2020JD034089.

Murazaki, K., H. Kamahori, C. Kobayashi, and S. Yukimoto, 2021: Influence of High-Resolution SST on Early Summer Surface Air Temperature in Japan in Downscaling Experiments, SOLA, 17, 75-78(TBA), doi:10.2151/sola.2021-014(early online release).

Aizawa, T., M. Ishii, N. Oshima, S. Yukimoto, and H. Hasumi, 2021: Arctic warming and associated sea ice reduction in the early 20th century induced by natural forcings in MRI-ESM2.0 climate simulations and multi-model analyses, Geophys. Res. Lett., doi:10.1029/2020GL092336 (accepted).

Kajino, M., M. Deushi, T. T. Sekiyama, N. Oshima, K. Yumimoto, T. Y. Tanaka, J. Ching, A. Hashimoto, T. Yamamoto, M. Ikegami, A. Kamada, M. Miyashita, Y. Inomata, S. Shima, P. Khatri, A. Shimizu, H. Irie, K. Adachi, Y. Zaizen, Y. Igarashi, H. Ueda, T. Maki, and M. Mikami, 2020: Comparison of three aerosol representations of NHM-Chem (v1.0) for the simulations of air quality and climate-relevant variables, Geosci. Model Dev. Discuss., doi:10.5194/gmd-2020-229 (preprint).

今田由紀子, 「その豪雨や猛暑、気候変動のせいと言えるのはなぜ? 温暖化対策を支える「イベント・アトリビューション」の世界。」, ラジオ FM放送 J-Wave Start Line, 2021年3月19日, 26日

今田由紀子, 「その豪雨や猛暑、気候変動のせいと言えるのはなぜ? 温暖化対策を支える「イベント・アトリビューション」の世界。」, VOGUE JAPAN, 2021年3月18日

川瀬宏明, 「地球温暖化で日本の雪が変わる !?」, 立山カルデラ砂防博物館講座, オンライン, 2021年3月7日

宮本真希, 山田朋人, 土木学会北海道支部優秀講演賞, 件名「気象要素を用いる客観手法による梅雨前線の季節進行と年々変動」

青木一眞, 山田朋人, 成岱蔚, 土木学会北海道支部優秀講演賞, 件名「降雨流出現象の不確実性に関する研究」

Kusunoki, S., and R. Mizuta, 2021: Future changes in rainy season over East Asia projected by massive ensemble simulations with a high-resolution global atmospheric model, J. Meteor. Soc. Japan, 99, 79-100, doi:10.2151/jmsj.2021-005.

Takayabu, I., R. Rasmussen, E. Nakakita, A. Prein, H. Kawase, S.-I. Watanabe, S. A. Adachi, T. Takemi, K. Yamaguchi, Y. Osakada, and Y.-H. Wu, 2021: Summary of the 4th International Convection-Permitting Modeling Workshop for Climate Research, GEWEX QUARTERLY, 31, 1, Quarter 1 2021, 14-16.

Hong, C.-C., C.-H. Tsou, P.-C. Hsu, K.-C. Chen, H.-C. Liang, H.-H. Hsu, C.-Y. Tu, and A. Kitoh, 2021: Future changes in tropical cyclone intensity and frequency over the western North Pacific based on 20-km HiRAM and MRI models, J. Climate, 34, 6, 2235-2251, doi:10.1175/JCLI-D-20-0417.1 .

Hsu, P.-C., K.-C. Chen, C.-H. Tsou, H.-H. Hsu, C.-C. Hong, H.-C. Liang, C.-Y. Tu, and A. Kitoh, 2021: Future changes in the frequency and destructiveness of landfalling tropical cyclones over East Asia projected by high-resolution AGCMs, Earth’s Future, 9, 3, e2020EF001888, doi:10.1029/2020EF001888.

Kitoh, A., E. Mohino, Y. Ding, K. Rajendran, T. Ambrizzi, J. Marengo, and V. Magaña, 2021: Combined oceanic influences on continental climates. In: C. R. Mechoso (ed.), Interacting Climates of Ocean Basins: Observations, Mechanisms, Predictability, and Impacts. Cambridge University Press. ISBN 978-1-108-49270-6, doi:10.1017/9781108610995, pp. 216-257.

Sugawara, K., M. Inatsu, S. Shimoda, K, Murakami, and T. Hirota, 2021: Risk assessment and possible adaptation of potato production in Hokkaido to climate change using a large number ensemble climate dataset d4PDF, SOLA, 17, 24-29, doi:10.2151/sola.2021-004.

Shiogama, H., N. N. Ishizaki, N. Hanasaki, K. Takahashi, S. Emori, R. Ito, T. Nakaegawa, I. Takayabu, Y. Hijioka, Y. N. Takayabu, and R. Shibuya, 2021: Selecting CMIP6-based future climate scenarios for impact and adaptation studies, SOLA, Advance publication, doi:10.2151/sola.2021-009.

Takayabu, I., N. N. Ishizaki, T. Nakaegawa, H. Sasaki, and W. Wongseree, 2021: Potential of representing the diurnal cycle of local-scale precipitation in northeastern Thailand using 5-km and 2-km grid regional climate models, Hydrological Research Letters, 15, 1, 1-8, doi:10.3178/hrl.15.1.

Yamanaka, G., H. Nakano, K. Sakamoto, T. Toyoda, L. S. Urakawa, S. NIshikawa, T. Wakamatsu, H. Tsujino, and Y. Ishikawa, 2021: Projected climate change in the western North Pacific at the end of the 21st century from ensemble simulations with a high-resolution regional ocean model, Journal of Oceanography, doi:10.1007/s10872-021-00593-7.

Tsuboki, K., and Y. Luo, 2021: High-resolution simulations of heavy rainfalls in asssociation with monsoon systems and typhoons using cloud-resolving models, World Scientific Series on Asia-Pacific Weather and Climate -The Multiscale Global Monsoon System, 11, 113-131, doi:10.1142/9789811216602_0010.

鬼頭昭雄, 「日本における気候変動の概要」, 気候変動影響評価報告書公表記念シンポジウム-気候変動による影響をどのように受け止め、行動へつなげるか-, 2021年2月9日

川瀬宏明, 今田由紀子, 山口宗彦, 村田昭彦, 仲江川敏之, 高薮出, 林修吾, 宮坂貴文, 近年の気温上昇が令和元年東日本台風の大雨に与えた影響+α, 気象キャスターネットワークオンライン勉強会, NPO法人気象キャスターネットワーク, 2021年2月6日

山田朋人, 気候変動下における大雨の将来リスクに関する新しい解釈と提案, 総合土木技術誌土木施工, 2021年2月号, 2021年2月

川瀬宏明, 「地球温暖化で大雪が増える!? 既に起こり始めている気候変動の行く末」, Gyoppy!, 2021年1月29日

高薮出, 気候変動予測の背景, 令和2年度 気候変動適応研修(中級コース), 国立環境研究所 気候変動適応センター, オンライン開催, 2021年1月29日

高薮出, 気候変動予測の見方, 令和2年度 気候変動適応研修(中級コース), 国立環境研究所 気候変動適応センター, オンライン開催, 2021年1月29日

Kanada, S., H. Aiki, K. Tsuboki, and I. Takayabu, 2021: Future Changes of a Slow-Moving Intense Typhoon with Global Warming: A Case Study Using a Regional 1-km-mesh Atmosphere-Ocean Coupled Model, SOLA, 17A, 14-20, doi:10.2151/sola.17A-003.

Kawase, H., M. Yamaguchi, Y. Imada, S. Hayashi, A. Murata, T. Nakaegawa, T. Miyasaka, and I. Takayabu, 2021: Enhancement of Extremely Heavy Precipitation Induced by Typhoon Hagibis (2019) due to Historical Warming, SOLA, 17A, 7-13, doi:10.2151/sola.17A-002.

Kawase, H., A. Murata, K. Yamada, T. Nakaegawa, R. Ito, R. Mizuta, M. Nosaka, S. Watanabe, and H. Sasaki, 2021: Regional Characteristics of Future Changes in Snowfall in Japan under RCP2.6 and RCP8.5 Scenarios, SOLA, 17, 1-7, doi:10.2151/sola.2021-001.

川合秀明, 「何が地球の将来の温度を決めるのか?」, 地球環境講演会, アースドクターふなばし, オンライン, 2021年1月27日

川瀬宏明, 「最新科学で明らかに 温暖化の台風への影響」, NHKニュース おはよう日本(関東甲信越), 2021年1月26日

山田朋人, 第6回気候変動ゼミ, 水分野における気候変動適応策を推進するコンソーシアム, 2021年1月19日

川瀬宏明, 「大雪から学ぶ 温暖化で「集中豪雪」も」, 富山テレビ ライブBBT, 2021年1月18日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「近年の日本の豪雨や高温事例に地球温暖化が与えた影響~d4PDFによるEvent Attribution研究の進展」, 令和2年度日本気象学会長期予報研究連絡会, オンライン, 2021年1月18日

山口宗彦, 前田修平, 「日本に接近する台風の過去40年の変化と移動速度の鈍化における太平洋十年規模振動の寄与」, 令和2年度日本気象学会長期予報研究連絡会, 2021年1月18日

Yamada, Y., C. Kodama, M. Satoh, M. Sugi, M. J. Roberts, R. Mizuta, A. T. Noda, T. Nasuno, M. Nakano, and P. L. Vidale, 2021: Evaluation of the contribution of tropical cyclone seeds to changes in tropical cyclone frequency due to global warming in high-resolution multi-model ensemble simulations, PEPS, 8, 11, doi:10/1186/s40645-020-00397-1.

星野剛, 岡地寛季, 竹原由, 山田朋人, 2020: 台風経路に着目した令和元年台風19号の大雨特性の評価, 土木学会論文集B1(水工学), 76巻, 1号, 414-423, doi:10.2208/jscejhe.76.1_414.

Nishikawa, S., T. Wakamatsu, H. Ishizaki, K. Sakamoto, Y. Tanaka, H. Tsujino, G. Yamanaka, M. Kamachi, and Y. Ishikawa, 2021: Development of high-resolution future ocean regional projection datasets for coastal applications in Japan, Progress in Earth and Planetary Science, 8, 7, doi:10.1186/s40645-020-00399-z.

Wang, B., M. Biasutti, M. P. Byrne, C. Castro, C.-P. Chang, K. Cook, R. Fu, A. M. Grimm, K.-J. Ha, H. Hendon, A. Kitoh, R. Krishnan, J.-Y. Lee, J. Li, J. Liu, A. Moise, S. Pascale, M. K. Roxy, A. Seth, C.-H. Sui, A. Turner, S. Yang, K.-S. Yun, L. Zhang, and T. Zhou, 2021: Monsoons Climate Change Assessment, Bull. Amer. Meteorol. Soc., 102(1), E1-E19, doi:10.1175/BAMS-D-19-0335.1.

川瀬宏明, 2030 未来への分岐点 「第1回 暴走する温暖化”脱炭素”への挑戦」, NHK NHKスペシャル, 2021年1月9日

川瀬宏明, 「年々減る雪 降ればドカ雪」, 朝日新聞1面 朝刊, 2021年1月4日

川瀬宏明, 「降雪 長期的には減少 水蒸気極的増加も」, 産経新聞朝刊, 2020年12月28日

川瀬宏明, 「昨年の大雨台風 温暖化背景か」, 朝日新聞夕刊, 2020年12月28日

川瀬宏明, 「台風雨量 温暖化影響?」, 毎日新聞夕刊, 2020年12月26日

川瀬宏明, 「近年の気温上昇が令和元年東日本台風の大雨に与えた影響」, 共同プレスリリース, 2020年12月24日

川瀬宏明, 今田由紀子, 「近年の豪雨と地球温暖化 ~最新のイベント・アトリビューション研究の紹介~」, 2020年度日本気象学会関西支部第2回例会, 2020年12月24日

山田朋人, 第5回気候変動ゼミ, 水分野における気候変動適応策を推進するコンソーシアム, 2020年12月23日

Fudeyasu, H., K. Yoshida, and R. Yoshida, 2020: Future Changes in Western North Pacific Tropical Cyclone Genesis Environment in High-Resolution Large-Ensemble Simulations, Oceans, 1, 355-368, doi:10.3390/oceans1040024.

Yamaguchi, M., and S. Maeda, 2020: Slowdown of typhoon translation speeds in Mid-latitudes in September influenced by the Pacific decadal oscillation and global warming, JMSJ, 98, 6, 1321-1334, doi:10.2151/jmsj.2020-068.

Kawai, H., and S. Shige, 2020: Marine Low Clouds and their Parameterization in Climate Models, JMSJ, 98, 6, 1097-1127, doi:10.2151/jmsj.2020-059.

Kajino, M., H. Hagino, Y. Fujitani, T. Morikawa, T. Fukui, K. Onishi, T. Okuda, T. Kajikawa, and Y. Igarashi, 2020: Modeling transition metals in East Asia and Japan and its emission sources, GeoHealth, 4, 9, doi:10.1029/2020GH000259.

Ito, R., T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2020: Comparison of regional characteristics of land precipitation climatology projected by an MRI-AGCM multi-cumulus scheme and multi-SST ensemble with CMIP5 multi-model ensemble projections, PEPS, 7, 77, doi:10.1186/s40645-020-00394-4.

Kawazoe, S., M. Inatsu, T. J. Yamada, and T. Hoshino, 2020: Climate change impacts on heavy snowfall in Sapporo using 5-km mesh large ensemble simulations, SOLA, 16, 233–239, doi:10.2151/sola.2020-039.

Kosaka, Y., Y. Takaya, and Y. Kamae, 2020: The Indo-western Pacific Ocean capacitor effect. Tropical and Extratropical Air-Sea Interactions Modes of Climate Variations, 141-169, doi:10.1016/B978-0-12-818156-0.00012-5.

鬼頭昭雄, 「地球温暖化を防止し、気候変動を緩和するために」, いのちの環, 2020年12月号, 14-25.

Murata, A., S. I. Watanabe, H. Sasaki, H. Kawase, and M. Nosaka, 2020: Assessing goodness of fit to gamma distribution and estimating future projection on daily precipitation frequency using regional climate model simulations over Japan with and without the influence of tropical cyclones. Journal of Hydrometeorology, 21, 2997-3010, doi:10.1175/JHM-D-20-0068.1.

山田朋人, アンサンブル手法による気候変動予測・リスク評価の考え方, 雑誌「河川」, 令和2年12月号, 77-81, 2020年12月1日

Nakaegawa, T., T. Kobashi, and H. Kamahori, 2020: Characteristics of extreme value statistics of annual maximum monthly precipitation in East Asia calculated using an earth system model of intermediate complexity, Atmosphere,11(12), 1273, doi:10.3390/atmos11121273.

西川史朗, 若松剛, 石川洋一, 五十嵐弘道, 2020: 気候変動適応策の検討に資するための領域海洋将来予測データセット構築, Annual Report of the Earth Simulator, April 2019 - March 2020, 2020年11月

鬼頭昭雄, 「気候変動の現状と将来」, 日本沙漠学会2020年度秋季シンポジウム, 北とぴあ・つつじホール(東京都), 2020年11月26日

山田朋人, 近年の豪雨災害の特徴と気候変動を踏まえた今後の治水計画に係る検討, 第34回寒地土木研究所Web講演会, 2020年11月22日

山田朋人, Flood Risk and Climate Change Hokkaido 日本-オランダ 北海道共同プロジェクト意見交換会, オランダ王国大使館意見交換会, 2020年11月19日

川瀬宏明, 「気候危機 人類にブーメラン」, 朝日新聞朝刊, 2020年11月15日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化の現状と将来」, 京大知球会東京支部第7回総会・講演会, Zoom開催, 2020年11月14日

川瀬宏明, 「地域によって異なる地球温暖化に伴う将来の雪の変化」, 雪氷防災研究講演会, オンライン, 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター, 2020年11月12日

今田由紀子, 2020: 異常気象が異常でなくなった世界, 岩波書店, 世界 2020年12月号, 2020年11月7日.

Tinumbang, A.F.A, K. Yorozu, Y. Tachikawa, Y. Ichikawa, H. Sasaki, and T. Nakaegawa, 2020: Impacts of model structures and soil parameters on runoff characteristics in land surface models. 土木学会論文集(水工学), 65:2020 p.I_217-222.

Kitoh, A., and H. Endo, 2020: Future Changes in Global Monsoon Precipitation and their Uncertainty: Results from 20-km and 60-km MRI-AGCM Ensemble Simulations. In: C.-P. Chang, K.-J. Ha, R. H. Johnson, D. Kim, G. N.-C. Lau, and B. Wang (eds.), The Multiscale Global Monsoon System. World Scientific Publishing, ISBN 978-981-121-659-6, pp.343-353, doi:10.1142/11723.

Hibino, K., and I. Takayabu, 2020: Effective sample size for precipitation estimation in atmospheric general circulation model ensemble experiments: dependence on temporal and spatial averaging scales, Climatic Change, 163, 297-315, doi:10.1007/s10584-020-02886-0.

Couldrey, M. P., J. M. Gregory, F. B. Dias, P. Dobrohotoff, C. M. Domingues, O. Garuba, S. M. Griffies, H. Haak, A. Hu, M. Ishii, J. Jungclaus, A. Köhl, S. J. Marsland, S. Ojha, O. A. Saenko, A. Savita, A. Shao, D. Stammer, T. Suzuki, A. Todd, and L. Zanna, 2020: What causes the spread of model projections of ocean dynamic sea-level change in response to greenhouse gas forcing?, Clim. Dyn., doi:10.1007/s00382-020-05471-4.

Suzuki, K., T. Iwasaki, and T. Yamazaki, 2020: Analysis of Systematic Error in Numerical Weather Prediction of Coastal Fronts in Japan’s Kanto Plain, JMSJ, in press, doi:10.2151/jmsj.2021-002.

今田由紀子, 「九州豪雨「温暖化で発生率1.5倍」 気象研などが過去データ解析」, 西日本新聞, 2020年10月23日

今田由紀子, 「温暖化で大雨の頻度3.3倍に」, 西日本新聞, 2020年10月23日

今田由紀子, 「九州豪雨「温暖化で発生率1.5倍」気象研などが過去データ解析」, TEAM防災ジャパン, 2020年10月22日

今田由紀子,「豪雨やはり温暖化影響していた 18年の西日本は3.3倍」, 西日本新聞, 2020年10月21日

今田由紀子, 「西日本豪雨 温暖化で確率3.3倍」, 毎日新聞, 2020年10月21日

今田由紀子, 「温暖化の影響で発生確率3.3倍に」, 日本経済新聞, 2020年10月21日

今田由紀子, 「温暖化で豪雨発生増 「西日本」級 確率3倍 気象研」, 日本農業新聞, 2020年10月21日

今田由紀子, 「18年西日本豪雨 温暖化で発生確率3.3倍 気象研などスパコンで分析」, 毎日新聞(デジタル), 2020年10月20日

今田由紀子, 「温暖化で大雨の頻度3.3倍に 瀬戸内地域で、気象研分析」, KYODO, 2020年10月20日

今田由紀子, 「 西日本豪雨と同規模の大雨、温暖化で発生確率3.3倍に」, 朝日新聞DIGITAL, 2020年10月20日

今田由紀子, 「地球温暖化が近年の日本の豪雨に与えた影響を評価しました」, 共同プレスリリース, 2020年10月20日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と極端気象」, 佐倉市国際文化大学, 佐倉市中央公民館, 2020年10月17日

山崎剛, 力学的ダウンスケーリングによる近未来気候変動予測-SI-CATで東北大が取り組んだ課題の紹介-, 第16回北海道気候変動適応会議, 2020年10月7日

星野剛, 山田朋人, 十勝川流域の大雨の時空間特性の分類と洪水リスクへの影響, 第16回北海道気候変動適応会議, 2020年10月7日

岡地寛季, 山田朋人, 2019年台風19号における降雨分布の地形依存性, 第16回北海道気候変動適応会議, 2020年10月7日

宮本真希, 山田朋人, 複数の気象要素を用いた数値的な前線抽出方法, 第16回北海道気候変動適応会議, 2020年10月7日

Martinez, M. M., T. Nakaegawa, R. Pinzón, S. Kusunoki, R. Gordón, and J. E. Sanchez-Galan, 2020: Using a Statistical Crop Model to Predict Maize Yield by the End-Of-Century for the Azuero Region in Panama, Atmosphere, 11(10), 1097, doi:10.3390/atmos11101097.

Ito, R., T. Ose, H. Endo, R. Mizuta, K. Yoshida, A. Kitoh, and T. Nakaegawa, 2020: Seasonal characteristics of future climate change over Japan and the associated atmospheric circulation anomalies in global model experiments, Hydrol. Res. Lett., 14(4), 130-135, doi:10.3178/hrl.14.130.

Imada, Y., H. Kawase, M. Watanabe, M. Arai, H. Shiogama, and I. Takayabu, 2020: Advanced risk-based event attribution for heavy regional rainfall events, Climate and Atmospheric Science, 3, 37, doi:10.1038/s41612-020-00141-y.

Ishii, M., and N. Mori, 2020: d4PDF: large-ensemble and high-resolution climate simulations for global warming risk assessment, SPEPS, 7, 58 (2020), doi:10.1186/s40645-020-00367-7.

鬼頭昭雄, 「今年も40度超え・・・日本列島を襲った「異常高温」、その現象を解説する」, 現代ビジネス, 2020年9月27日

高薮出, 「気候予測データセットの概要と今後の展開について」, 日本河川協会 河川, No.890, 20-22, 2020年9月20日

川瀬宏明, 「もし温暖化がなかったら」, 朝日新聞, 2020年9月20日

鬼頭昭雄, 「激変する気象 地球温暖化と豪雨 」, 新婦人しんぶん,2020年9月17日

Varghese, S. J., S. Surendran, B. Ajithkumar, K. Rajendran, and A. Kitoh, 2020: Future changes in rice yield over Kerala using climate change scenario from high resolution global climate model projection, Journal of Earth System Science, 129, 192, doi:10.1007/s12040-020-01459-0.

山口宗彦, 「太平洋側に接近の台風増加 東京は1.5倍 温暖化影響も」, 日本経済新聞 朝刊, 2020年9月11日

山口宗彦, 「台風 新たな時代にどう備えるのか」, NHK クローズアップ現代+, 2020年9月8日

Schuckmann, K. V., L. Cheng, M. D. Palmer, J. Hansen, C. Tassone, V. Aich, S. Adusumilli, H. Beltrami, T. Boyer, F. J. Cuesta-Valero, D. Desbruyères, C. Domingues, A. García-García, P. Gentine, J. Gilson, M. Gorfer, L. Haimberger, M. Ishii, G. C. Johnson, R. Killik, B. A. King, G. Kirchengast, N. Kolodziejczyk, J. Lyman, B. Marzeion, M. Mayer, M. Monier, D. P. Monselesan, S. Purkey, D. Roemmich, A. Schweiger, S. I. Seneviratne, A. Shepherd, D. A. Slater, A. K. Steiner, F. Straneo, M.-L. Timmermans and S. E. Wijffels, 2020: Heat stored in the Earth system: where does the energy go?, Earth System Science Data (ESSD), 12, 2013-2041, doi:10.5194/essd-12-2013-2020.

Inatsu, M., S. Tanji, and Y. Sato, 2020: Toward predicting expressway closures due to blowing snow events, Cold Region Science and Technology, 177, 103–123, doi:10.1016/j.coldregions.2020.103123.

村松貴有, 加藤輝之, 中里真久, 遠藤洋和, 鬼頭昭雄, 2020: 竜巻の将来予測. 気象研究ノート, 243, 288-297.

Kawai, H., and T. Koshiro, 2020: Does Radiative Cooling of Stratocumulus Strengthen Summertime Subtropical Highs?, CAS/JSC WGNE Research Activities in Earth System Modelling/WMO, 50, 7.11-7.12.

Kawai, H., T. Koshiro, and S. Yukimoto, 2020: Relationship between shortwave radiation bias over the Southern Ocean and the ITCZ in MRI-ESM2, CAS/JSC WGNE Research Activities in Earth System Modelling/WMO, 50, 7.09-7.10.

Koshiro, T., H. Kawai, and S. Yukimoto, 2020: Impact of cloud microphysics parameter on 20th century warming simulated in MRI-CGCM3, CAS/JSC WGNE Research Activities in Earth System Modelling, 50, 7.13-7.14.

山口宗彦, 「日本に近づく台風増える 気象研究所が40年分を調査」, 毎日小学生新聞, 2020年9月1日

山口宗彦, 「台風接近1・5倍、温暖化で強く・長く…20年間比較で判明」, 産経新聞 朝刊, 2020年8月30日

山口宗彦, 「東京周辺に接近する台風 過去40年間で1.5倍に増加」, NHK おはよう日本, 2020年8月29日

山口宗彦, 「台風 過去40年で東京など太平洋側の地域への接近が増えている」, 日本気象協会, 2020年8月29日

山口宗彦, 「台風シーズン「かつてない大雨」に注意を」, NHK くらしきらり, 2020年8月28日

山口宗彦, 「東京へ台風接近、40年で5割増 太平洋高気圧が原因か」, 朝日新聞 夕刊, 2020年8月26日

山口宗彦, 「台風接近、過去40年で増加 東・西日本太平洋側に 気象研」, 時事ドットコムニュース, 時事通信社, 2020年8月26日

山口宗彦, 「東京への台風接近1.5倍に増加 気象研 過去40年のデータ分析」, ニュースつくば, 2020年8月26日

山口宗彦, 「台風接近 多く、強く、遅く 気象研・過去40年分析 温暖化影響か」, 毎日新聞 朝刊, 2020年8月26日

山口宗彦, 「太平洋側で日本に接近する台風、過去40年で1.5倍に増えた理由」, ニュースイッチ, 2020年8月26日

山口宗彦, 「日本接近の台風、太平洋側1.5倍 40年で変化 気象庁」, 日刊工業新聞 朝刊, 2020年8月26日

山口宗彦, 「首都接近の台風1・5倍に…過去40年分析、太平洋高気圧の張り出し影響」, 読売新聞 朝刊, 2020年8月26日

山口宗彦, 「太平洋側に台風接近 増加 気象研解析、東京は20年で1.5倍に 気圧配置の変化など影響」, 日本経済新聞 朝刊, 2020年8月26日

山口宗彦, 「日本の太平洋側に近づく台風がより多くより強力に」, テレビ朝日 スーパーJチャンネル, 2020年8月25日

山口宗彦, 「東京など太平洋側に接近する台風、過去40年で増加傾向」, TBS NEWS, 2020年8月25日

山口宗彦, 「過去40年で太平洋側に接近する台風が増えている」, 共同プレスリリース, 2020年8月25日

今田由紀子, 「記録的猛暑~確かになる温暖化の影響」, NHK ニュースシブ5時, 2020年8月25日

今田由紀子, 「 The First Undeniable Climate Change Deaths」, EOS. Science News by AGU, 2020年8月18日

川瀬宏明(気象庁・気象研究所, 応用気象研究部), 日本気象学会2020年度正野賞受賞, 件名「領域気候モデルを用いた日本の地域気候変化予測に関する研究」, 2020年8月18日

遠藤洋和, 「集中豪雨、温暖化の影響も」, 朝日新聞デジタル, 2020年8月17日

川瀬宏明, 「気候変動と豪雨災害」, 日本記者クラブ ブリーフィング, リモート発表, 2020年8月5日

Ohba, M., and H. Kawase, 2020: Rain-on-Snow events in Japan as projected by a large ensemble of regional climate simulations, Climate Dynamics, doi:10.1007/s00382-020-05419-8.

Ngai, S. T., H. Sasaki, A. Murata, M. Nosaka, J. X. Chung, L. Juneng, Supari, E. Salimun, F. Tangang, 2020: Extreme rainfall projections for Malaysia at the end of 21st century using the high resolution Non-Hydrostatic Regional Climate Model (NHRCM), SOLA, 16, 132-139, doi.org/10.2151/sola.2020-023.

Oshima, N., S. Yukimoto, M. Deushi, T. Koshiro, H. Kawai, T. Y. Tanaka, and K. Yoshida, 2020: Global and Arctic Effective Radiative Forcing of Anthropogenic Gases and Aerosols in MRI-ESM2.0, PEPS, 7, 38, doi.org/10.1186/s40645-020-00348-w.

Malcolm, J. R., J. Camp, J. Seddon, P. L. Vidale, K. Hodges, B. Vannière, J. Mecking, R. Haarsma, A. Bellucci, E. Scoccimarro, L.-P. Caron, F. Chauvin, L. Terray, S. Valcke, M.-P. Moine, D. Putrasahan, C. D. Roberts, R. Senan, C. Zarzycki, P. Ullrich, Y. Yamada, R. Mizuta, C. Kodama, D. Fu, Q. Zhang, G. Danabasoglu, N. Rosenbloom, H. Wang, and L. Wu, 2020: Projected Future Changes in Tropical Cyclones using the CMIP6 HighResMIP Multimodel Ensemble, Geophys. Res. Lett., 47, 14, doi:10.1029/2020GL088662.

鬼頭昭雄, 「待ったなしの気候変動~猛暑・強雨、生活への影響~」, 東京保険医新聞 page 2, 2020年7月25日

Miyasaka, T., H. Kawase, T. Nakaegawa, Y. Imada, and I. Takayabu, 2020: Future projections of heavy precipitation in Kanto and associated weather patterns using large ensemble high-resolution simulations, SOLA, 16, 125-131, doi:10.2151/sola.2020-022.

Yoshida, R., S. Fukui, S. Fukui, and T. Yamazaki, 2020: Applicability of meteorological ensemble forecasting to predict summer cold damage in rice growth, Journal of Agricultural Meteorology, 76, 3, 128-139, doi:10.2480/agrmet.D-20-00004.

Nishikawa, H., S. Nishikawa, H. Ishizaki, T. Wakamatsu, and Y. Ishikawa, 2020: Detection of the Oyashio and Kuroshio fronts under the projected climate change in the 21st century, Progress in Earth and Planetary Science, 7, 29, doi:10.1186/s40645-020-00342-2.

山口宗彦, 「地球温暖化が台風に及ぼす影響」, JATAFFジャーナル, 2020年7月1日

山口宗彦, 「台風速度10%減で暴風雨長期化も」, ザ・レジリエンス, 2020年5月31日

山口宗彦, 「台風の移動,今世紀末に10%遅く」, 日経サイエンス, 2020年4月号

高薮出(気象庁気象研究所 主任研究官), 山田朋人(北海道大学大学院准教授), 列島を襲う豪雨被害 温暖化の影響は・・・「大気の川」の猛威, BS朝日, 2020年7月12日

鬼頭昭雄, 「地球の気候変動、何がどうしてそうなるの?」, 社会運動, 2020年7月号, 12-23.

鬼頭昭雄, 「待ったなしの気候変動 ~猛暑・強雨、生活への影響」, 東京保険医協会, 東京, 東京保険医協会セミナールーム [依頼講演], 2020年6月23日

高薮出, 「地域的な観点からの気候変動」, 令和元年度シンポジウム 地球を観る、災害を観る, Zoom会議室, 2020年6月9日-10日

Nosaka, M., M. Ishii, H. Shiogama, R. Mizuta, A. Murata, H. Kawase, and H. Sasaki, 2020: Scalability of future climate changes across Japan examined with large-ensemble simulations at +1.5 K, +2 K, and +4 K global warming levels, PEPS, 7, 27, doi:10.1186/s40645-020-00341-3.

Mizuta, R., and H. Endo, 2020: Projected changes in extreme precipitation in a 60-km AGCM large ensemble and their dependence on return periods, Geophys. Res. Lett., 47, 13, doi:10.1029/2019GL086855.

Tangang, F., J. X. Chung, L. Juneng, Supari, E. Salimun, S. T. Ngai, A. F. Jamaluddin, M. S. F. Mohd, F. Cruz, G. Narisma, J. Santisirisomboon, T. Ngo-Duc, P. V. Tan, P. Singhruck, D. Gunawan, E. Aldrian, A. Sopaheluwakan, N. Grigory, A. R. C. Remedio, D. V. Sein, D. Hein-Griggs, J. L. McGregor, H. Yang, H. Sasaki and P. Kumar, 2020: Projected future changes in rainfall in Southeast Asia based on CORDEX–SEA multi-model simulations, Clim. Dyn., 55, 1247–1267 (2020), doi:10.1007/s00382-020-05322-2.

Cha, E. J., T. R. Knutson, T.-C. Lee, M. Ying, and T. Nakaegawa, 2020: Third Assessment on Impacts of Climate Change on Tropical Cyclones in the Typhoon Committee Region – Part II: Future Projections, Tropical Cyclone Research and Review, 9, 2, 75-86, doi:10.1016/j.tcrr.2020.04.005.

坪木和久, 2020: 激甚気象はなぜ起こる, 新潮選書, pp.3-389, 2020年5月27日発売

Yamaguchi, M., and S. Maeda, 2020: Increase in the number of tropical cyclones approaching Tokyo since 1980, JMSJ, 98, 775-786, doi:10.2151/jmsj.2020-039.

鬼頭昭雄, 2020: 待ったなしの気候変動, 月刊保団連, 2020年5月号, 24-29.

伊藤昌資, 菅野豊, 大八木豊, 西澤諒亮, 川瀬宏明, 佐々井崇博, 杉本志織, 川﨑将生, 中北英一, 2020: 気候変動が淀川水系の渇水リスクに及ぼす影響, 水文・水資源学会誌, 第33巻, 3号, 83-97, doi:10.3178/jjshwr.33.83.

Kanada, S., K. Tsuboki, and I. Takayabu, 2020: Future Changes of Tropical Cyclones in the Midlatitudes in 4-km-mesh Downscaling Experiments from Large-Ensemble Simulations, SOLA, 16, 57-63, doi:10.2151/sola.2020-010.

Sugi, M., Y. Yamada, K. Yoshida, R. Mizuta, M. Nakano, C. Kodama, and M. Satoh, 2020: Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds, SOLA, 16, 70-74, doi:10.2151/sola.2020-012.

Shiogama, H., R. Ito, Y. Imada, T. Nakaegawa, N. Hirota, N. N. Ishizaki, K. Takahashi, I. Takayabu, and S. Emori, 2020: Selecting future climate projections of surface solar radiation in Japan, SOLA, 16, 75-79, doi:10.2151/sola.2020-013.

青木一眞, 山田朋人, 成岱蔚, 2020: 降雨流出現象の不確実性に関する研究,令和2年度土木学会北海道支部論文報告集, B-18.

布施拓也,大屋祐太,山田朋人, 2020: 平成27年9月関東・東北豪雨における鬼怒川流域を対象とした降雨の時空間分布と河川水位の関係, 令和2年度土木学会北海道支部論文報告集, B−24.

星野剛, 山田朋人, 2020: 力学・熱力学効果の観点での降雨の空間偏差要因の分析, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.76, No.2, I_19-I_24.

宮本真希, 山田朋人, 2020: 気象要素を用いる客観手法による梅雨前線の季節進行と年々変動, 令和2年度土木学会北海道支部論文報告集, B−26.

坪木和久, 北海道における気象災害とその将来変化, 北海道警察深川警察署, オンライン, 2020年7月1日

坪木和久, 激甚災害をもたらす台風や豪雨の実体と将来予測, 環境ジャーナリストの会, オンライン, 2020年7月2日

坪木和久, 激甚災害をもたらす台風の航空機観測, 名古屋イノベーターガレージ, オンライン, 2020年9月30日

坪木和久, 航空機で台風を観測する, 名古屋大学 名古屋大学ホームカミングデー, 2020年10月17日

坪木和久, 気候大変動時代の災害大国日本の激甚気象:そのメカニズムと将来予測, 大和証券, オンライン, 2020年10月19日

坪木和久, 台風の強度測定と予測精度の向上に向けた航空機観測最前線, 学士会, オンライン, 2020年10月20日

坪木和久, 地球温暖化と豪雨・台風, 第7回宗像国際環境会議, 宗像市 オテル・グレージュ, 2020年10月23日

坪木和久, 激甚災害をもたらす気象の実体とその将来変化, 令和2年度 千葉県防災・危機管理トップセミナー, オンライン, 2020年11月5日

坪木和久, 台風の強度測定と予測精度の向上に向けた航空機観測, 東北大学理学研究科セミナー, オンライン, 2020年11月19日

坪木和久, 地球温暖化の現実 自然災害の今, 2020年度 大河講座「新・ひとの大学」現代編, オンライン, 2020年11月25日

坪木和久, 豪雨・台風などの激甚気象の原因と将来予測, 全国生コンクリート工業組合連合会 講演会, オンライン, 2020年12月4日

坪木和久, 九州の大雨について, 毎日新聞,2020年7月5日

坪木和久, 中部地方で起きた大雨について, 毎日新聞, 2020年7月8日

坪木和久, 岐阜豪雨について, 毎日新聞, 2020年7月9日

坪木和久, 線状降水帯について, 東京新聞, 2020年7月11日

坪木和久, 線状降水帯について, 読売新聞, 2020年8月27日

坪木和久, 台風の8月豪雨などについて特集記事, しんぶん赤旗, 2020年9月3日

坪木和久, 台風10号について, 朝日新聞, 2020年9月5日

坪木和久, 梅雨末期の豪雨について, NHK クローズアップ現代プラス, 2020年7月7日

坪木和久, 九州豪雨について, 東海テレビ ニュースOne, 2020年7月7日

坪木和久, 線状降水帯について, 東海テレビ 直撃ライブグッディ, 2020年7月8日

坪木和久, 大雨について, NHK ニュース, 2020年7月9日

坪木和久, 豪雨について, NHK スペシャル, 2020年7月12日

坪木和久, 大雨について, NHK おはよう日本, 2020年7月14日

坪木和久, 線状降水帯について, NHK仙台 てれまさむね, 2020年7月17日

坪木和久, 台風について, NHK NHKスペシャル, 2020年9月5日

坪木和久, 激甚水害多発時代について, NHK クローズアップ現代プラス, 2020年9月8日

坪木和久, 線状降水帯について, CBC チャント, 2020年9月9日

坪木和久, 台風の航空機観測について, NHK サイエンスZERO, 2020年11月29日

坪木和久, 台風について, NHKラジオ第一 NHK今朝のニュース, 2020年7月15日

坪木和久, 台風について, NHKラジオ第一 Nラジ, 2020年9月8日

坪木和久, 台風の強度測定と予測精度の向上に向けた航空機観測最前線, NHKラジオ第二 文化講演会, 2020年11月8日

Shiogama, H., R. Ito, Y. Imada, T. Nakaegawa, N. Hirota, N. N. Ishizaki, K. Takahashi, I. Takayabu, and S. Emori, 2020: Selecting future climate projections of surface solar radiation in Japan, SOLA, 16, 75-79, doi:10.2151/sola.2020-013.

Kawase, H., T. Yamazaki, S. Sugimoto, T. Sasai, R. Ito, T. Hamada, M. Kuribayashi, M. Fujita, A. Murata, M. Nosaka, and H. Sasaki, 2020: Changes in extremely heavy and light snow-cover winters due to global warming over high mountainous areas in central Japan, PEPS, 7, Article number: 10, doi:10.1186/s40645-020-0322-x.

Nakagawa, Y., Y. Onoue, S. Kawahara, F. Araki, K. Koyamada, D. Matsuoka, Y. Ishikawa, M. Fujita, S. Sugimoto, Y. Okada, S. Kawazoe, Sh. Watanabe, M. Ishii, R. Mizuta, A. Murata, and H. Kawase, 2020: Development of a system for efficient content-based retrieval to analyze large volumes of climate data, PEPS, 7, 9, doi:10.1186/s40645-019-0315-9.

山口宗彦, 「地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる」取材, 栃木県下野市 コミュニティFM FMゆうがお, 2020年3月13日

川瀬宏明, 「地球温暖化により極端化する北アルプスの降雪~雪が降る年と降らない年との差がより明瞭に~」, 共同プレスリリース, 2020年3月11日

山口宗彦, 「のろのろ台風」で被害拡大、温暖化で1割減速も, 日経xTECH, 2020年1月24日

Ito, R., H. Shiogama, T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2020: Uncertainties in climate change projections covered by the ISIMIP and CORDEX model subsets from CMIP5, Geosci. Model Dev., 13, 859–872, doi:10.5194/gmd-13-859-2020.

Kawase, H., Y. Imada, H. Tsuguti, T. Nakaegawa, N. Seino, A. Murata, and I. Takayabu, 2019: The Heavy Rain Event of July 2018 in Japan enhanced by historical warming, Bull. Amer. Meteorol. Soc., 101(1), S109-S114, doi:10.1175/BAMS-D-19-0173-1.

Kajino, M., S. Hayashida, T. T. Sekiyama, M. Deushi, K. Ito, and X. Liu, 2019: Detectability assessment of a satellite sensor for lower tropospheric ozone responses to its precursors emission changes in East Asian summer, Scientific Reports, 9, 19629, doi:10.1038/s41598-019-55759-7.

Sun, N., T. Zhou, X. Chen, H. Endo, A. Kitoh, and B. Wu, 2020: Amplified tropical Pacific rainfall variability related to background SST warming, Clim. Dyn., 54, 2387-2402, doi:10.1007/s00382-020-05119-3.

Meyssignac, B., T. Boyer, Z. Zhao, M. Z. Hakuba, F. W. Landerer, D. Stammer, A. Köhl, S. Kato, T. L'Ecuyer, M. Ablain, J. P. Abraham, A. Blazquez, A. Cazenave, J. A. Church, R. Cowley, L. Cheng, C. M. Domingues, D. Giglio, V. Gouretski, M. Ishii, G. C. Johnson, R. E. Killick, D. Legler, W. Llovel, J. Lyman, M. D. Palmer, S. Piotrowicz, S. G. Purkey, D. Roemmich, R. Roca, A. Savita, K. von Schuckmann, S. Speich, G. Stephens, G. Wang, S. E. Wijffels, and N. Zilberman, 2019: Measuring Global Ocean Heat Content to estimate the Earth Energy Imbalance, Front. Mar. Sci., 6, 432, doi:10.3389/fmars.2019.00432.

Takemi, T., and R. Ito, 2020: Benefits of High-Resolution Downscaling Experiments for Assessing Strong Wind Hazard at Local Scales in Complex Terrain: A Case Study of Typhoon Songda (2004), PEPS, 7, 4, doi:10.1186/s40645-019-0317-7.

山崎剛, 佐々井崇博, 川瀬宏明, 杉本志織, 大楽浩司, 伊東瑠衣, 佐々木秀孝, 藤田実季子, 2019: 5km力学的ダウンスケーリングデータセット(SI-CAT DDS5TK)の概要, シミュレーション学会誌, 38, 145-149.

Qian, Y., H. Murakami, M. Nakano, P. -C. Hsu, T. L. Delworth, S. B. Kapnick, V. Ramaswamy, T. Mochizuki, Y. Morioka, T. Doi, T. Kataoka, T. Nasuno, and K. Yoshida, 2019: On the mechanisms of the active 2018 tropical cyclone season in the North Pacific, Geophysical Research Letters, 46, 12293–12302, doi:10.1029/2019GL084566.

Smith, A. K., L. A. Holt, R. R. Garcia, J. A. Anstey, F. Serva, N. Butchart, S. Osprey, A. C. Bushell, Y. Kawatani, Y. -H. Kim, F. Lott, P. Braesicke, C. Cagnazzo, C. -C. Chen, H. -Y. Chun, L. Gray, T. Kerzenmacher, H. Naoe, J. Richter, S. Versick, V. Schenzinger, S. Watanabe, and K. Yoshida, 2019: The equatorial stratospheric semiannual oscillation and time-mean winds in QBOi models, Q. J. R. Meteorol. Soc., doi:10.1002/qj.3690. accepted.

Jamaluddin, A. F., F. Tangang, J. X. Chung, L. Juneng, H. Sasaki, and I. Takayabu, 2018: Investigating the mechanisms of diurnal rainfall variability over Peninsular Malaysia using the non-hydrostatic regional climate model, Meteorology and Atmospheric Physics, 130, 6, 611–633, doi:10.1007/s00703-017-0541-x.

鬼頭昭雄, 消費者教室 「異常気象の未来に、何が待っているのか?」, 練馬区消費者教室, 2020年2月22日

Hatsuzuka, D., T. Sato, K. Yoshida, M. Ishii, and R. Mizuta, 2020: Regional projection of tropical-cyclone-induced extreme precipitation around Japan based on large ensemble simulations, SOLA, doi:10.2151/sola.2020-005.

Yamaguchi, M., J.C.L. Chan, I.-J. Moon, K. Yoshida, and R. Mizuta, 2020: Global Warming Changes Tropical Cyclone Translation Speed, Nature Communications, doi:10.1038/s41467-019-13902-y.

山口宗彦, 「温暖化で速度が落ちる予測 台風被害が深刻化の恐れ」, テレビ朝日系(ANN)ニュース, 2020年1月9日

山口宗彦, 「地球温暖化で台風の移動速度遅く 被害拡大のおそれ」, NHK NEWS WEB, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風の通過速度10%遅く」, 朝日新聞 夕刊, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度、今世紀末に10%遅く」, TBS系(JNN)ニュース, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風移動遅く 今世紀末 気象研解析, 暴風雨長く深刻被害も」, 茨城新聞クロスアイ, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度, 10%遅く 温暖化厳しい対策しないと・・・今世紀末 被害拡大の恐れ」, 日本経済新聞朝刊12版, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風ノロノロ 気象研など予測 今世紀末10%減速」, 読売新聞朝刊2面, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風遅くなる 被害拡大の恐れ 気象研」, 時事通信社, 2020年1月8日

                                                               

山口宗彦, 「台風, 温暖化で1割減速か 今世紀末に洪水増える恐れ 気象庁など研究」, 毎日新聞, 2020年1月8日

山口宗彦, 「地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる」, 共同プレスリリース, 2020年1月8日

Nakaegawa, T., R. Pinzon, J. Fabrega, J. A. Cuevas, H. A. De Lima, E. Cordoba, K. Nakayama, J. I. B. Lao, A. L. Melo, D. A. Gonzalez, and S. Kusunoki, 2019: Seasonal changes of the diurnal variation of precipitation in the upper Río Chagres basin, Panamá, PLOS ONE, doi:10.1371/journal.pone.0224662.

川瀬宏明, 2019: 地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題 -そろそろ、これからの雪の話をしよう!-, ベレ出版, 2019年12月25日

尾瀬智昭(気象庁・気象研究所, 気候環境研究部), 日本気象学会2019年気象集誌論文賞受賞, 件名「気象研究所全球大気モデルを用いた地球温暖化実験における夏季東アジア月平均降水量の将来変化の特徴」, 2019年12月21日

行本誠史(気象庁・気象研究所, 応用気象研究部), 日本気象学会2019年気象集誌論文賞受賞, 件名「気象研究所地球システムモデル ver.2.0:MRI-ESM2.0:モデルの記述と物理コンポーネントの基本的な評価」, 2019年12月21日

坪木和久, 「災害増で農業にも波及 台風の強大化」, 毎日新聞朝刊17面, 2019年12月11日

遠藤洋和, 地球温暖化によるアジアの降水変化 ~日本の梅雨はどうなる?~, 気象研究所 研究成果発表会, 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内), 東京都千代田区, 2019年12月7日

Varghese, S. J., S. Surendran, K. Rajendran, and A. Kitoh, 2019: Future projections of Indian Summer Monsoon under multiple RCPs using a high resolution global climate model multiforcing ensemble simulations, Clim. Dyn., pp1-14, doi:10.1007/s00382-019-05059-7.

鬼頭昭雄, 2019: 激発する極端気象, 世界, 岩波書店, 2019年12月号, No.927, 91-100.

遠藤洋和, 「世界,日本,茨城の気候変化と将来予測」, つくば市谷田部地区シルバークラブ連合会第2回シルバー教室, 市民ホールやたべ, 茨城県つくば市, 2019年11月26日

今田由紀子, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

川瀬宏明, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~ その2:地球温暖化で増える豪雨」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

坪木和久, 「台風のメカニズムとスーパー台風について」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

坪木和久, 「温暖化について」, NHK おはよう日本, 2019年11月5日

今田由紀子(気象庁・気象研究所, 気候環境研究部), 日本気象学会2019年度正野賞受賞, 件名「気候モデルを用いた短期気候変動予測研究および極端気象に対する温暖化寄与推定の研究」, 2019年10月29日

坪木和久, 「10月25日の記録的な豪雨について」, 読売新聞, 2019年10月28日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 読売新聞、2019年10月26日

坪木和久, 公開講座 「台風を知る ~その実態と防災~」, 中川生涯学習センター2019年度後期主催講座, 大型台風から学ぶ日頃の備え, 名古屋市, 2019年10月25日

Tsuboki Kazuhisa, Deadly typhoon forces Japan to face its vulnerability to increasingly powerful storms, Science, 2019/10/23

Yamaguchi, M., J. CL. Chan, II-Ju Moon, K. Yoshida, and R. Mizuta, 2019: Global warming changes tropical cyclone translation speed, Nature Communications, accepted.

Chen, C.-A., H.-H. Hsu, C.-C. Hong, P.-G. Chiu, C.-Y. Tu, S.-J. Lin, and A. Kitoh, 2019: Seasonal precipitation change in the western North Pacific and East Asia under global warming in two high-resolution AGCMs, Clim. Dyn., 53, 9-10, 5583-5605, doi:10.1007/s00382-019-04883-1.

Kanada, S., H. Aiki, K. Tsuboki, and I. Takayabu, 2019: Future Changes in Typhoon-related Precipitation in Eastern Hokkaido, SOLA, 15, 244-249, doi:10.2151/sola.2019-044.

高薮出, 徹底解説ニュースの焦点 「特定非常災害に・・・台風19号で甚大な被害 温暖化の影響どこまで」, BS朝日 日曜スクープ, 2019年10月20日

坪木和久, 「地球温暖化に伴う台風の変化と台風防災のための航空機観測」, 日本学術会議公開シンポジウム, 第8回防災学術連携シンポジウム, 名古屋市, 2019年10月19日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 西日本新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 北海道新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 福井新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 毎日新聞, 2019年10月14日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 毎日新聞, 2019年10月13日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 日経新聞, 2019年10月13日

Tsuboki Kazuhisa, 'Explosive' Typhoon Hagibis has Tokyo area in its sights after rapidly gathering strength in Pacific, The Japan Times, 2019/10/11

Tsuboki Kazuhisa, Japan braces for Super Typhoon Hagibis, two Rugby World Cup games cancelled, South China Morning Post, 2019/10/10

坪木和久, 「台風19号について」, NHK ニュースシブ5時, 2019年10月10日

坪木和久, 「大型台風19号について」, The Japan times, 2019年10月10日

坪木和久, 「大型台風19号について」, 日経新聞, 2019年10月10日

 

坪木和久, 「台風19号について」, テレビ朝日 報道ステーション, 2019年10月9日

坪木和久, 「台風19号について」, NHK ニュース7, 2019年10月8日

坪木和久, 「伊勢湾台風について」, CBC 伊勢湾台風スペシャル番組, 2019年9月26

坪木和久, 「台風の注意喚起」, NHK おはよう日本, 2019年9月24日

坪木和久, 「伊勢湾台風について」, 東海テレビ ニュースOne, 2019年9月23日

坪木和久, 「台風について」, NHK おはよう日本, 2019年9月15日

坪木和久, 「台風について」, NHK ニュース7, 2019年9月10日

坪木和久, 「豪雨災害について」, テレビ東京 池上彰の現代史を歩く, 2019年8月25日

Ose, T., 2019: Future changes in summertime East Asian monthly precipitation in CMIP5 and their dependence on present-day model climatology, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 1041-1053, doi:10.2151/jmsj.2019-055 .

Yukimoto, S., H. Kawai, T. Koshiro, N. Oshima, K. Yoshida, S. Urakawa, H. Tsujino, M. Deushi, T. Tanaka, M. Hosaka, S. Yabu, H. Yoshimura, E. Shindo, R. Mizuta, A. Obata, Y. Adachi, and M. Ishii, 2019: The Meteorological Research Institute Earth System Model version 2.0, MRI-ESM2.0: Description and basic evaluation of the physical component, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 931-965, doi:10.2151/jmsj.2019-051.

高薮出(気象庁・気象研究所研究総務官, 領域テーマC全体・課題代表), 日本気象協会2019年度 「岡田賞」受賞, 表彰理由「気候変動適応策の推進に向けた、詳細な気候変動予測情報の創出及び関係機関との連携構築に大きく寄与した功績」, 2019年9月27日

川瀬宏明(気象庁・気象研究所, 博士(理学)), 日本雪氷学会2019年度学会賞・平田賞受賞, 件名「日本及び周辺域おける降雪・積雪環境の高精度将来変化に関する研究」, 2019年9月9日

Watanabe, S. I., H. Tsujino, A. Murata, and M. Ishii, 2019: Impacts of Sea Surface Temperature Improved by a High-Resolution Ocean Model on Summer Precipitation in a Dynamical Downscaling over Japan, SOLA, 15, 183-188, doi:10.2151/sola.2019-033.

Watanabe, S. I., A. Murata, H. Sasaki, H. Kawase, and M. Nosaka, 2019: Future Projection of Tropical Cyclone Precipitation over Japan with a High-Resolution Regional Climate Model, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 805-820, doi:10.2151/jmsj.2019-045.

鬼頭昭雄, 特集/地球温暖化と台風 ~その関連性と災害リスクへの対応~ 地球温暖化で台風はどうなる?, 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム, 情報誌グローバルネット, 345号, 2019年8月号, 2019年8月16日

今田由紀子, 特集/豪雨・猛暑と温暖化 二〇一八年災害の分析と予測 温暖化がなければ2018年の猛暑はなかった, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「記録的猛暑~確かになる温暖化の影響」, NHK時論公論, 2019年8月20日(23:35~23:45)

Lamy, K., T. Portafaix, B. Josse, C. Brogniez, S. Godin-Beekmann, H. Bencherif, L. Revell, H. Akiyoshi, S. Bekki, M. I. Hegglin, P. Jöckel, O. Kirner, B. Liley, V. Marecal, O. Morgenstern, A. Stenke, G. Zeng, N. L. Abraham, A. T. Archibald, N. Butchart, M. P. Chipperfield, G. Di Genova, M. Deushi, S. S. Dhomse, R.-M. Hu, D. Kinnison, M. Kotkamp, R. McKenzie, M. Michou, F. M. O'Connor, L. D. Oman, G. Pitari, D. A. Plummer, J. A. Pyle, E. Rozanov, D. Saint-Martin, K. Sudo, T. Y. Tanaka, D. Visioni, and K. Yoshida, 2019: Clear-sky ultraviolet radiation modelling using output from the Chemistry Climate Model Initiative, Atmos. Chem. Phys., 19, 10087-10110, doi:10.5194/acp-19-10087-2019.

Kawai, H., S. Yukimoto, T. Koshiro, N. Oshima, T. Tanaka, H. Yoshimura, and R. Nagasawa, 2019: Significant Improvement of Cloud Representation in the Global Climate Model MRI-ESM2, Geosci. Model Dev., 12, 2875-2897, doi:10.5194/gmd-12-2875-2019.

Kusunoki, S., T. Nakaegawa, R. Pinzon, J. E. Sanchez-Galan, and J. R. Fabrega, 2019: Future precipitation changes over Panama projected with the atmospheric global model MRI-AGCM3.2, Climate Dynamics, pp1-16, doi:10.1007/s00382-019-04842-W.

川瀬宏明, 「相次ぐ豪雨崩れた常識「長時間」「広域」温暖化の影響も」 に「猛烈な雨の頻度1.6倍」が引用, 朝日新聞朝刊7面, 2019年7月8日

坪木和久, 記録的大雨について, NHK クローズアップ現代プラス, 2019年7月4日

坪木和久, 「特集/豪雨・猛暑と温暖化 2018年災害の分析と予測 2018年の西日本豪雨をもたらした広域の水蒸気輸送-2017年の豪雨と比較して」, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

今田由紀子, 「特集/豪雨・猛暑と温暖化 2018年災害の分析と予測 温暖化がなければ2018年の猛暑はなかった」, 岩波書店, 科学 2019年7月号, 2019年6月25日

坪木和久, 温暖化型豪雨について(データ提供), NHK 特集番組, 2019年 6月30日

平田英隆, 栃本英伍, 柳瀬亘, 山崎哲, 渡邉俊一, 吉田聡, 北祐樹, 宇野史睦, 石山尊浩, 「第1回高・低気圧ワークショップの報告」, 天気, 66, 6, 421-425, 2019年6月30日

川瀬宏明, NHKスペシャル「誰があなたの命を守るのか “温暖化型豪雨”の衝撃」 データ解析手法のコメント, NHK, 2019年6月30日

川瀬宏明, 「温暖化進み雨量6%増」 西日本豪雨, 気象研解析, 共同通信, 2019年6月29日

Naoe, H., and K. Yoshida, 2019: Influence of quasi-biennial oscillation on the boreal winter extratropical stratosphere in QBOi experiments, Q.J.R. Meteorol. Soc., 145, 723, July Part B, 2755-2771, doi:10.1002/qj.3591.

鬼頭昭雄, 「地球温暖化による気象・気候リスク」, 南北米福地開発協会環境問題研究会セミナー, 大山街道ふるさと館, 川崎, 2019年6月15日

高薮出 他, 「力学的DS・アンサンブル予測の物理的意味」, 水災害・水資源分野における気候変動の影響と適応に関するシンポジウム~後悔しない適応とは~(領域D公開シンポジウム) パネルディスカッション, 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール, 2019年5月24日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 共同通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研などが予測」, デジタル日本経済新聞, 日本経済新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「パリ協定目標達成でも猛暑日1.8倍 気象庁」, デジタル毎日, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化目標達成でも猛暑増 気象研チーム発表」, 毎日新聞朝刊, 2019年5月23日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨夏の猛暑、温暖化なければ発生せず? 気象庁など分析」, 朝日新聞デジタル, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化がなければ昨夏の猛暑起きず」, 朝日新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 大分合同新聞, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, 名古屋テレビ 19:48, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, tv asahi, テレ朝 NEWS 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, KHB東日本放送 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨年の猛暑、温暖化が影響=シミュレーションで裏付け -気象研など」, 時事通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研予測、1度上昇の場合」, 沖縄タイムス, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と 猛暑発生の将来見通し」, プレスリリース, 2019年5月21日

Imada, Y., M. Watanabe, H. Kawase, H. Shiogama, M. Arai, 2019: The July 2018 high temperature event in Japan could not have happened without human-induced global warming, SOLA, 15A, 8-12, doi: 10.2151/sola.15A-002.

Kawase, H., Y. Imada, H. Sasaki, T. Nakaegawa, A. Murata, M. Nosaka, and I. Takayabu, 2019: Contribution of historical global warming to local-scale heavy precipitation in western Japan estimated by large ensemble high-resolution simulations, J. Geophys. Res., doi.org/10.1029/2018JD030155.

Mei, W., Y. Kamae, S. Xie, and K. Yoshida, 2019: Variability and predictability of North Atlantic hurricane frequency in a large ensemble of high-resolution atmospheric simulations, J. Climate, 32, 11, 3153–3167, doi.org/10.1175/JCLI-D-18-0554.1.

Kajino, M., M. Deushi, T. T. Sekiyama, N. Oshima, K. Yumimoto, T. Y. Tanaka, J. Ching, A. Hashimoto, T. Yamamoto, M. Ikegami, A. Kamada, M. Miyashita, Y. Inomata, S. Shima, A. Takami, A. Shimizu, S. Hatakeyama, Y. Sadanaga, H. Irie, K. Adachi, Y. Zaizen, Y. Igarashi, H. Ueda, T. Maki, and M. Mikami, 2019: NHM-Chem, the Japan Meteorological Agency’s regional meteorology ・chemistry model: model evaluations toward the consistent predictions of the chemical, physical, and optical properties of aerosols, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 337-374, doi:10.2151/jmsj.2019-020.

Surendran, S., S. Gadgil, K. Rajendran, S. J. Varghese, and A. Kitoh, 2019: Monsoon rainfall over India in June and link with Northwest tropical Pacific, Theor. Appl. Climatol., 135, 3-4, 1195-1213, doi:10.1007/s00704-018-2440-6.

川瀬宏明, 飯田肇, 青木一真, 島田亙, 野坂真也, 村田昭彦, 佐々木秀孝, 2019: 立山黒部アルペンルートにおける積雪観測と異なる水平解像度の非静力学地域気候モデル(NHRCM)を用いた積雪再現実験の比較, 地学雑誌, 128, 77-92. doi:10.5026/jgeography.128.77.

Ose, T., 2019: Characteristics of future changes in summertime East Asian monthly precipitation in MRI-AGCM global warming experiments, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 317-335, doi:10.2151/jmsj.2019-018.

Huang, W.-R., P.-H. Huang, Y.-H. Chang, C.-T. Cheng, H.-H. Hsu, C.-Y. Tu, and A. Kitoh, 2019: Dynamical downscaling simulation and future projection of extreme precipitation activities in Taiwan during the Mei-Yu season, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 2, 481-499, doi:10.2151/jmsj.2019-028.

Murata, A., S. I. Watanabe, H. Sasaki, H. Kawase, and M. Nosaka, 2019: The development of a resolution-independent tropical cyclone detection scheme for high-resolution climate model simulations, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 519-531, doi:10.2151/jmsj.2019-035.

川瀬宏明, 2019: 地球温暖化が日本の雪に及ぼす影響, 農業および園芸, 94, 296-304

Kimura, N., H. Kiri, S. Kanada, I. Kitagawa, I. Yoshinaga, and H. Aiki, 2019: Flood Simulations in Mid-Latitude Agricultural Land Using Regional Current and Future Extreme Weathers, Water, 11, 2421, doi:10.3390/w11112421.

Kitoh, A., and H. Endo, 2019: Future changes in precipitation extremes associated with tropical cyclones projected by large-ensemble simulations, J. Meteor. Soc. Japan, 97, 1, 141-152, doi:10.2151/jmsj.2019-007.

Rahman, M. M., N. Ferdousi, S. M. A. Abdullah, S. Kusunoki,and A. Islam, 2019: Recent climate simulation over SAARC region including Bangladesh using high resolution AGCM, Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences, 55, 115-134, doi: 10.1007/s13143-018-0077-0.

仲江川敏之,日比野研志,高薮出,2019: 気候アナログで実感する今世紀末の温暖化状況下におけるロシア主要7都市の気候, 土木学会論文集B1 (水工学), Vol.75, No.2, I_1045-I_1050.

Tinumbang, A.F.A., K. Yorozu, Y. Tachikawa, Y. Ichikawa, H. Sasaki, T. Nakaegawa, 2019: Analysis of runoff characteristics generated by land surface models and their impacts on river discharge, Journal of Japan Society of Civil Engineering, Ser. B1 (Hydraulic Engineering).

Morimoto, J., K. Nakagawa, K. T. Takano, M. Aiba, M. Oguro, Y. Furukawa, Y. Mishima, K. Ogawa, R. Ito, T. Takemi, F. Nakamura, C. J. Peterson, 2019: Comparison of vulnerability to catastrophic wind between Abies plantation forests and natural mixed forests in northern Japan, Forestry: An International Journal of Forest Research, cpy045, doi:10.1093/forestry/cpy045.

Tsuguti, H., N. Seino, H. Kawase, Y. Imada, T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2019: Meteorological overview and mesoscale characteristics of the Heavy Rain Event of July 2018 in Japan, Land Slide, 16, 2, 363–371, doi10.1007/s10346-018-1098-6.

Widlansky, M. J., H. Annamalai, S. B. Gingerich, C. D. Storlazzi, J. J. Marra, K. I. Hodges, B. Choy and A. Kitoh, 2019: Tropical cyclone projections: Changing climate threats for Pacific Island defense installations, Climate and Society, 11, 3-15, doi:10.1175/WCAS-D-17-0112.1.

石井正好, 「明治150年 歴史的観測データと気候再解析」, 統合的気候モデル高度化研究プログラム「平成30年度公開シンポジウム」, 2019年3月15日, 東京

川瀬宏明, 「温暖化と降雪量について解説」, 朝日新聞, 2019年3月2日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と気象リスク」, 電力広域的運営推進機関, 2019年2月18日, 東京

鬼頭昭雄, 「地球温暖化予測と海」, 日本マリンエンジニアリング学会 技術者継続教育先進コース講習会, 2019年1月31日, 東京

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と異常気象について」, 埼玉県私立学校総連合会 平成30年度「私学教育振興研修会」, 2019年1月28日, 浦和

川瀬宏明, 「検証列島災害 集中豪雨 北上の恐れ」, 毎日新聞朝刊29面, 2019年1月19日

川瀬宏明, 「検証・災害列島 温暖化で降水1割増予測 集中豪雨、北上の恐れ」, 毎日新聞デジタル毎日, 2019年1月19日

Kitoh, A., 2019: Climate Change Projection over Turkey with a High-Resolution Atmospheric General Circulation Model, In book: Climate Change Impacts on Basin Agro-ecosystems, pp.19-32.

Nakaegawa, T., R. Pinzon, J. Fabrega, J. A. Cuevas, H. A. De Lima, K. Nakayama, J. U. B. Lao, A. L. Melo, and D. A. Gonzalez, 2018: Seasonal changes of the diurnal variation of precipitation in the upper Río Chagres basin, Panama, PLOS ONE, accepted.

Arpornrat, T., S. Ratjiranukool, P. Ratjiranukool, and H. Sasaki, 2018: Evaluation of Southwest Monsoon Change over Thailand by High-resolution Regional Climate Model under High RCP Emission Scenario, Journal of Physics: Conference Series, Volume 1144, conference 1, doi:10.1088/1742-6596/1144/1/012112 .

原田守啓,丸谷靖幸,伊東瑠衣,石崎紀子,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:JRA-55再解析データのダウンスケーリング実験における地形モデル選択が洪水流出解析に及ぼす影響, 土木学会論文集B1(水工学), 74(5), 103-108.

丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:気候変動影響評価に向けた気候モデルおよび影響評価モデルの不確実性の評価,土木学会論文集B1(水工学), 74(5), 109-114.

丸谷靖幸,原田守啓,伊東瑠衣,川瀬宏明,大楽浩司,佐々木秀孝, 2018:気候変動影響評価に向けた降雨分布の空間解像度が流出解析に与える影響に関する検討,土木学会論文集G(環境), 74(5), 147-156.

村田昭彦, 2018: 雲解像地域気候モデルの現状, 混相流, 32, 4, 424-431, doi:10.3811/jjmf.2018.T012.

今田由紀子, 川瀬宏明, 「今夏の暑さ 温暖化のせい」, 毎日新聞朝刊23面, 2018年12月29日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「日本の今年の猛暑、温暖化なければ起こる確率0%だった 気象研究所などが分析」, 毎日新聞デジタル毎日, 2018年12月28日

Fujita, M., R. Mizuta, M. Ishii, H. Endo, T. Sato, Y. Okada, S. Kawazoe, S. Sugimoto, K. Ishihara, and S. Watanabe, 2018: Precipitation changes in a climate with 2 K surface warming from large ensemble simulations using 60 km global and 20 km regional atmospheric models, Geophys. Res. Lett., 46, 1, 435-442, doi:10.1029/2018GL079885.

Yoshida, K., R. Mizuta, and O. Arakawa, 2018: Intermodel differences in upwelling in the tropical tropopause layer among CMIP5 models, J. Geophys. Res.: Atmospheres, 123, 13,658-13,675, doi:10.1029/2018JD029044.

坪木和久, 水蒸気観測について, 朝日新聞, 2018年2月18日

坪木和久, 福井県の記録的な大雪についてコメント, 読売新聞, 2018年2月7日

坪木和久: 台風の豪雨災害の現状と地球温暖化に伴う将来変化. 一般社団法人不動産協会 講演会, 一般社団法人 不動産協会, 中日ビル・クラブ東海, 愛知, 2017年11月22日

坪木和久, 台風の豪雨災害の現状と地球温暖化に伴う将来変化, 一般社団法人不動産協会 講演会, 2017年11月22日

坪木和久, 豪雨について, 毎日新聞, 2017年10月16日

坪木和久, 台風18号について, TBS あさチャン, 2017年9月18日

坪木和久, 台風について, 大阪毎日放送 サタデープラス, 2017年9月16日

坪木和久, 台風18号について, TBS 報道ステーション, 2017年9月14日

坪木和久, スーパー台風について, フジテレビ とくダネ, 2017年9月13日

坪木和久, 異常気象について, テレビ愛知 サンデージャーナル, 2017年9月10日

坪木和久, スーパー台風について, NHK 総合 NHK スペシャル MEGA CRISIS, 2017年9月9日

坪木和久, 豪雨について, 静岡テレビ とびっきり静岡, 2017年9月5日

坪木和久, 豊橋の竜巻について, NHK(東海三県) ほっとイブニング, 2017年9月4日

坪木和久, 豪雨について, 東海テレビ、みんなのニュースOne, 2017年9月1日

坪木和久, 台風の災害について, 南日本放送 MBC ニューズナウ, 2017年9月1日

坪木和久, 九州豪雨について, 日本テレビ(全国) NNN ドキュメント, 2017年8月21日

坪木和久, 九州豪雨について, KBC 九州朝日放送 ニュースピア, 2017年8月16日

坪木和久, 愛知県内で発生した竜巻とみられる突風について解説, 毎日新聞中部, 2017年8月9日

坪木和久, 愛知県内で発生した竜巻とみられる突風について解説, 読売新聞, 2017年8月9日

坪木和久, 愛知県内で発生した竜巻とみられる突風についてコメント, 読売新聞, 2017年8月8日

坪木和久, 豊橋の竜巻とみられる突風について, 東海テレビ みんなのニュースOne, 2017年8月8日

坪木和久, 豊橋の竜巻とみられる突風について, テレビ愛知 ゆうがたサテライト, 2017年8月8日

坪木和久, 竜巻特集, テレビ愛知 ゆうがたサテライト, 2017年8月4日

坪木和久, 九州豪雨について, KBC 九州朝日放送 土曜もアサデス, 2017年7月29日

坪木和久, 災害大国の特集欄にコメント, 朝日新聞, 2017年7月24日

坪木和久, 九州北部の豪雨特集, 読売新聞, 2017年7月12日

坪木和久, 九州豪雨特集にコメント, 読売新聞, 2017年7月6日

坪木和久, 台風3号について, TBS 報道特集, 2017年7月6日

坪木和久, 台風3号について, NHK クローズアップ現代, 2017年7月6日