令和元年度 アウトリーチ活動:講演、新聞、雑誌、テレビ等

鬼頭昭雄, 消費者教室「異常気象の未来に、何が待っているのか?」, 練馬区消費者教室, 2020年2月22日

山口宗彦, 「地球温暖化がこのまま進んだ場合,日本付近を進む台風のスピードが,今世紀の末には平均して現在よりもおよそ10パーセント遅くなることが予測される」, あさチャン, TBS 6:00~8:00, 2020年1月9日

山口宗彦, 「地球温暖化で台風の移動速度遅く 被害拡大のおそれ」, NHK NEWS WEB, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風の通過速度10%遅く」, 朝日新聞 夕刊, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度、今世紀末に10%遅く」, TBS系(JNN)ニュース, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風移動遅く 今世紀末 気象研解析, 暴風雨長く深刻被害も」, 茨城新聞クロスアイ, 2020年1月9日

山口宗彦, 「台風の速度, 10%遅く 温暖化厳しい対策しないと・・・今世紀末 被害拡大の恐れ」, 日本経済新聞朝刊12版, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化 台風ノロノロ 気象研など予測 今世紀末10%減速」, 読売新聞朝刊2面, 2020年1月9日

山口宗彦, 「温暖化で台風遅くなる 被害拡大の恐れ 気象研」, 時事通信社, 2020年1月8日

                                                               

山口宗彦, 「台風, 温暖化で1割減速か 今世紀末に洪水増える恐れ 気象庁など研究」, 毎日新聞, 2020年1月8日

山口宗彦, 「地球温暖化によって台風の移動速度が遅くなる」, 共同プレスリリース, 2020年1月8日

坪木和久, 「災害増で農業にも波及 台風の強大化」, 毎日新聞朝刊17面, 2019年12月11日

遠藤洋和, 「地球温暖化によるアジアの降水変化 ~日本の梅雨はどうなる?~」, 気象研究所 研究成果発表会, 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内), 東京都千代田区, 2019年12月7日

遠藤洋和, 「世界,日本,茨城の気候変化と将来予測」, つくば市谷田部地区シルバークラブ連合会第2回シルバー教室, 市民ホールやたべ, 茨城県つくば市, 2019年11月26日

今田由紀子, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

川瀬宏明, 「異常気象と地球温暖化の関係を解き明かす新手法 ~イベント・アトリビューション~ その2:地球温暖化で増える豪雨」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

坪木和久, 「台風のメカニズムとスーパー台風について」, 三重県気候講演会, 三重県総合文化センター, 三重県津市, 2019年11月19日

高薮出, 徹底解説ニュースの焦点 「特定非常災害に・・・台風19号で甚大な被害 温暖化の影響どこまで」, BS朝日 日曜スクープ, 2019年10月20日

今田由紀子, 「記録的猛暑~確かになる温暖化の影響」, NHK時論公論, 2019年8月20日

今田由紀子, 「異常気象における温暖化の寄与」, 日本気象学会関西支部第41回夏季大学, 京都テルサ, 京都市, 2019年8月17日

川瀬宏明, 「温暖化 西日本豪雨に影響」, 日本経済新聞朝刊, 2019年7月12日

川瀬宏明, 「相次ぐ豪雨崩れた常識「長時間」「広域」温暖化の影響も」 に「猛烈な雨の頻度1.6倍」が引用, 朝日新聞朝刊7面, 2019年7月8日

川瀬宏明, NHKスペシャル「誰があなたの命を守るのか “温暖化型豪雨”の衝撃」 データ解析手法のコメント, NHK, 2019年6月30日

川瀬宏明, 「温暖化進み雨量6%増」 西日本豪雨, 気象研解析, 共同通信, 2019年6月29日

今田由紀子, 「異常気象における温暖化の寄与」, 筑波大学エクステンションプログラム 季節予報の理解と活用~グローバル気候システム研究の最前線~, 秋葉原UDX, 東京都千代田区, 2019年6月29日

川瀬宏明, 「今夏は長梅雨か 激しい雨増加(コメント)」, 読売新聞, 2019年6月16日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化による気象・気候リスク」, 南北米福地開発協会環境問題研究会セミナー, 大山街道ふるさと館, 川崎, 2019年6月15日

今田由紀子, 「当たり前になっていく「異常気象」地球温暖化は誰が止めるのか」, YAHOO News, 2019年6月4日

今田由紀子, 川瀬宏明, Japan's deadly 2018 heatwave could not have happened without climate change., Carbon Brief, 2019年5月30日

今田由紀子, 川瀬宏明, Deadly Japan heatwave "essentially impossible" without global warming., CLIMATE HOME NEWS, 2019年5月29日

高薮出 他, 「力学的DS・アンサンブル予測の物理的意味」, 水災害・水資源分野における気候変動の影響と適応に関するシンポジウム~後悔しない適応とは~(領域D公開シンポジウム) パネルディスカッション, 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール, 2019年5月24日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 共同通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研などが予測」, デジタル日本経済新聞, 日本経済新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「パリ協定目標達成でも猛暑日1.8倍 気象庁」, デジタル毎日, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「温暖化目標達成でも猛暑増 気象研チーム発表」, 毎日新聞朝刊, 2019年5月23日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨夏の猛暑,温暖化なければ発生せず? 気象庁など分析」, 朝日新聞デジタル, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「温暖化がなければ昨夏の猛暑起きず」, 朝日新聞夕刊, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「温暖化で猛暑日1.8倍に」, 大分合同新聞, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, 名古屋テレビ 19:48, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, tv asahi, テレ朝 NEWS 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明,「地球温暖化なければ去年夏の猛暑はない」, KHB東日本放送 16:16, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「昨年の猛暑,温暖化が影響=シミュレーションで裏付け -気象研など」, 時事通信, 2019年5月22日

今田由紀子, 川瀬宏明, 「温暖化で猛暑日1.8倍に 気象研予測、1度上昇の場合」, 沖縄タイムス, 2019年5月22日

平成30年度 アウトリーチ活動:講演、新聞、雑誌、テレビ等

石井正好, 「明治150年 歴史的観測データと気候再解析」, 統合的気候モデル高度化研究プログラム「平成30年度公開シンポジウム」, 東京, 2019年3月15日

川瀬宏明, 朝日新聞朝刊B5面「温暖化なのになぜ大雪が降るの?」, 2019年3月2日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と気象リスク」, 電力広域的運営推進機関, 東京, 2019年2月18日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化予測と海」, 日本マリンエンジニアリング学会 技術者継続教育先進コース講習会, 東京海洋大学越中島会館, 東京, 2019年1月31日

鬼頭昭雄, 「地球温暖化と異常気象について」, 埼玉県私立学校総連合会, 平成30年度「私学教育振興研修会」, 浦和ロイヤルパインズホテル, 浦和, 2019年1月28日

川瀬宏明, 毎日新聞朝刊29面「検証列島災害 集中豪雨 北上の恐れ」, 2019年1月19日

川瀬宏明, 毎日新聞デジタル毎日「検証・災害列島 温暖化で降水1割増予測 集中豪雨、北上の恐れ」, 2019年1月19日

今田由紀子, 川瀬宏明, 毎日新聞朝刊23面「今夏の暑さ 温暖化のせい」, 2018年12月29日

今田由紀子, 川瀬宏明, 毎日新聞デジタル毎日「日本の今年の猛暑、温暖化なければ起こる確率0%だった 気象研究所などが分析」, 2018年12月28日

pagetop

坪木和久、避難警報レベル化について、NHK、ニュース7、2018年12月12日

坪木和久、避難警報レベル化について、NHK、ニュースウォッチナイン、2018年12月12日

鬼頭昭雄, 異常気象と地球温暖化, 提言・実践首長会 第48回全体会合, 第5東洋海事ビル, 東京, 2018年11月22日

鬼頭昭雄, 未来の天気はどうなるか, 朝日カルチャーセンター横浜教室, 横浜, 2018年10月13日

坪木和久、台風上陸について、毎日新聞、2018年10月1日

坪木和久、台風24号について、読売新聞、2018年10月1日

坪木和久、台風21号について、名古屋テレビ、UP、2018年9月5日

坪木和久、台風21号について、CBC、イッポウ、 2018年9月5日

pagetop

坪木和久、台風21号について、名古屋テレビ、台風報道番組特集枠、2018年9月4日

坪木和久、台風21号について、中京テレビ、キャッチ、2018年8月31日

坪木和久、気象について、NHK、川があぶない、2018年8月31日

坪木和久、西日本豪雨について講演、中国新聞、2018年8月10日

坪木和久、台風について、CBC、イッポウ、2018年7月30日

鬼頭昭雄, 地球温暖化と異常気象, 科学技術に関する調査プロジェクト, 国立国会図書館, 東京, 2018年7月30日

鬼頭昭雄, 読売新聞「世界猛暑」, 2018年7月26日

坪木和久、線状降水帯について、朝日新聞、2018年7月24日

pagetop

坪木和久、豪雨災害について、NHK、日曜討論、2018年7月22日

鬼頭昭雄, 地球温暖化と異常気象, 同友クラブ「師を囲む会」, 同友クラブ, 東京, 2018年7月20日

坪木和久、記録的豪雨について、NHK、科学番組、2018年7月9日

坪木和久、豪雨について解説、朝日新聞、2018年7月8日

坪木和久、前線停滞について解説、読売新聞、2018年7月7日

坪木和久、梅雨前線について解説、毎日新聞(夕刊)、2018年7月6日

坪木和久、記録雨に異例の猛暑について、NHK、クローズアップ現代、2018年7月5日

鬼頭昭雄, 地球温暖化問題への誤解/曲解を正す, 南北米福地開発協会講演会, 大山街道ふるさと館, 川崎, 2018年6月30日

坪木和久、竜巻の記事について解説、読売新聞、2018年5月10日

pagetop

平成29年度 アウトリーチ活動:講演、新聞、雑誌、テレビ等

鬼頭昭雄, 異常気象と地球温暖化の解明に挑む, 広報誌「にちぎん」53号 (2018年春号)  2018年3月16日発刊

鬼頭昭雄, 気象・気候災害 ・地球温暖化のもとでの災害リスク, 特集2, 「災害軽減と持続的社会の形成に向けた科学と社会の協働・協創」, 学術の動向, 23(3), 78-80, 2018年3月

高薮出, 気候変動予測情報と社会への利活用, 第5回イブニングセミナー ここまで進化した天気予報の技術!~社会はこの進化をどう活かすか?~, 日本大学駿河台キャンパス1号館121会議室, 2018年2月19日

坪木和久, 水蒸気観測について, 朝日新聞, 2018年2月18日

高薮出, 気候変動予測における、数値モデルの位置づけ, 第17回富田チーム研究セミナー, 理化学研究所 計算科学研究機構, R104-2, 2018年2月15日

坪木和久, 福井県の記録的な大雪についてコメント, 読売新聞, 2018年2月7日

pagetop

鬼頭昭雄, IPCCへの関わり方, SI-CAT・統合プログラム研究交流会, 京都大学宇治キャンパスおうばくプラザ, 2018年1月25日

吉田康平, 静岡新聞「猛烈級 到達増も 温暖化で勢力強まる(狩野川台風から60年の特集記事)」, 2018年1月1日

川瀬宏明, 日本の(山の)雪の現状把握と将来予測~観測と数値シミュレーションから~, 大気科学特別セミナー, 筑波大学, つくば, 2017年12月21日

村田昭彦, 日本における極端降水の将来変化, 平成29年度 気象研究所研究成果発表会, 一橋講堂, 東京, 2017年12月2日

坪木和久: 台風の豪雨災害の現状と地球温暖化に伴う将来変化. 一般社団法人不動産協会 講演会, 一般社団法人 不動産協会, 中日ビル・クラブ東海, 愛知, 2017年11月22日

吉田康平, 科学技術振興機構 サイエンスポータル「日本の南海上を通る猛烈な台風は地球温暖化で増えることが、初めて明らかに」, 2017年11月8日

吉田康平, 読売新聞「日本の南海、巨大台風が増加へ…温暖化進むと」, 2017年11月6日

pagetop

吉田康平, NHK「おはよう日本」, 温暖化進行時の猛烈な台風の研究紹介, 2017年10月28日

吉田康平, テレビ朝日「スーパーJチャンネル」, 温暖化による猛烈な台風の変化の研究紹介, 2017年10月28日

吉田康平, NHK NEWS WEB, 「温暖化なら猛烈な台風が増加か」, 2017年10月28日

吉田康平, 毎日新聞「地球温暖化進むと…日本南海上「猛烈な台風」増加 気象研究所など予測 発生数自体は減少へ」, 2017年10月27日

吉田康平, 朝日新聞「2090年猛烈な台風増える予測」, 2017年10月27日

吉田康平, 日刊工業新聞「21世紀末、日本南海上で「カテゴリー4」以上の台風増加 気象庁など解析」, 2017年10月27日

吉田康平, (気象業務支援センターとの共同プレスリリース)地球温暖化で猛烈な熱帯低気圧(台風)の頻度が日本の南海上で高まる ~多数の高解像度温暖化シミュレーションによる予測~, 2017年10月26日